スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

青森県田子町 フォトコンテスト開催の準備を始めました。

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

 今年の5月から田子町でフォトコンテストを開催します。それにあたり今日は応募要項を考えておりました。のっけから本音が出ますが、フォトコンテストをやることが町おこしに直結はしない(ときおりぼくは写真が見たくなくなるときもあります)。またそのように思われる方も多いのではないかと。ややもすると「この協力隊は何がしたいんだ?」そのような言葉を投げつけられても不思議はないのかもしれません。まあ、自分で提案をしておいてその言い方はないだろうと言われるかもしれませんが、協力隊活動半年を経たあせりがこの冒頭の一見マイナスともとれる意見を吐き出したのだとと大目に見て下さい。

 しかし、これは田子町にとり必要なことなので提案したもの。田子町が『日本で最も美しい村連合』への加盟の方向性(これについてのコメントは控えます)、また主たる産業が農業のみと言えるので、観光立国的にこれからは観光面を底上げしたいなあという思いがあります。

 そして、やるからには成功させてみせる! とわくわくです。きゅんきゅんきゅんきゅんきてます。必ず町が大きく変化するための糸口となる成果を生み出してやると燃えています。このただやったら「ぼへーたいして集まりません、はい残念でした(糸冬)」と終わる可能性のある地域限定型のフォトコンテストというやつをどう料理して、観光資源の掘り起こしも同時にできて、自分のもうひとつのミッションである映像を制作するプロジェクトと結びつけて、最終的には「これはわが町ではできない」を「わが町にはこんなにすばらしいものがあるのだ、活用せねば!」という方向性へ持って行くか。町の良いものに光が当たり、町全体が動きだす契機にしたい。
 まあ思いは良しとして、募集要項を考えてみました。これはあくまで予定です。あと枠線の中に入れた写真は特に意味はありません。


※これは現在訂正を加えております。訂正完了しましたら変更します。
gazou.jpg

撮影場所   青森県田子町内で撮影された写真

テーマ      自由。(部門にマッチングした写真をご応募下さい)

募集期間   2015年5月中旬(予定)~2016年1月31日まで

        Ⅰランドスケープ部門
         田子町の観光スポットや自然などの美しい景観・風景。
         大賞 賞金3万円 賞状 副賞
         優秀賞(春夏秋冬各1点) 賞金1万円 賞状 副賞
 
 
         Ⅱイベント部門
         田子町の各種イベントの素敵な様子。
         大賞 賞金3万円 賞状 副賞
         優秀賞(2点) 賞金1万円 賞状 副賞
         バーベキュー系女子賞 賞金1万円 賞状 田子牛セット


         Ⅲツーリズム部門
         家族や友人と過ごした思い出の一枚。
         コスプレなどで景勝地を撮影した写真。
         大賞 賞金3万円 賞状 副賞
         優秀賞(2点) 賞金1万円 賞状 副賞
         じゃっつ! コスプレ大賞 賞金3万円 賞状 副賞
         じゃっつ! コスプレ優秀賞(2点) 賞金1万円 賞状 副賞


         Ⅳ特別賞
         部門にこだわらず、応募された中から素敵な写真を選考
         (10点) QUOカード2000円分 賞状


応募資格   不問

応募形態   データ、用紙での応募いずれも可。画像加工可。スマホ写真可。

応募方法   特設サイトのメールフォームでの応募。
         または応募票をダウンロードして郵送。

※但し用紙でお送りされる場合、四つ切(ワイド可)またはA4サイズのプリントに限ります。インクジェットプリントの場合は写真用紙を使用して下さい。画像の加工は組写真や合成写真は不可。過剰な彩度や事実と異なる景観とならないようにご注意下さい。また、データ応募の場合は印刷出力して展覧した際に、イメージと異なる場合がございます。

応募規定    1人10点まで可。2014年1月1日から応募者が撮影した写真。
         万が一著作権や肖像権などで問題が発生した場合は、その責任は
         投稿者の方に帰属します。
         応募後の辞退及び、写真の返却は行いません。
         未発表であり、他の賞に応募予定のない作品に限ります。

受賞発表   受賞者に直接通知致します。
         2016年2月の『にんにくまつり』で授賞式を行います。
         また特設サイトでも通知と写真の公表を行い、来年は展覧も行う予定。
         ※にんにくまつりは来場が困難でも応募は可能です。

主催      田子町役場

事務局     田子町地域おこし協力隊 筒崎靖史


四季を通じて観光PRとなる田子町の魅力的な写真を募集。また募集期間中は素敵な観光資源調査目的とした特別体験イベントを画策中。キャトルミューティレーションされても自己責任と言い張れる方(冗談)は是非ご参加下さいまし。



という感じです。変更はまだまだあるので随時更新します。来月はコンテスト準備でかなり忙しくなりそうだ……(´・艸・`;)

facebook:筒崎靖史
↓気が向いたらね(∩´∀`@)⊃ ぽっちと
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ



ドメイン取るならお名前.com

あなたもLINEスタンプで稼ごう!




看護師転職サービスに不満を感じた事がある?

はい・・・(-_-;)の方は

ナースコンシェルジュ




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
フォトコンテストについて
FBでコメントしようかと思ったけど、こちらにします。管理人のみで。
7点ほど気がついたことを書きます。
※1 審査員は?
というのはフォトコンテストは素人が選考しましたというよりは、ある意味権威付けとして考えては?役場だからできるのは地元の新聞社を巻き込んで審査もしてもらうということも。
というのは、自信があるから応募するのであって、だれが選んでくれるのだろ、というのが本音です。
※2 肖像権は?
というのは撮影された側から主催者に来るものでは?例えばイベント会場で撮ったものを撮影者本人が確認をとるケースはないです。
またネットには猫犬画像があふれていますが、これは肖像権関係ないからでしょう。というのは 、対象物について、これが保育所小学校中学校高校と子供を撮ろうとすると、許可されないでしょう。写真的に動物子供の写真に勝てる素材はないでしょう。これも選考する人の好みでしょうが、受賞した作品はネットで流されますので。
※3 地域おこしは?
現在50年の歴史の田子写友会という団体がありますが、関わりは?文化活動をしている団体を無視すると、後で大変です。「なんで知らせないのだ、役場がやっているのだろ」といわれるのは予想がつきます。
※4 賞金が?
町の応募に賞金(現金)をかけるのは、ある意味邪道では?というのは公募というからには、日本全国からの応募をつのるとおもいますが、プロもアマもいますので。
というのは、にんにくまつりで選ばれたガーリックレディはなぜ田子の人ではないの?とよく聞かれました。役場としては痛し痒しでしょうが。
提案としては総予算20万から30万のようですが、もしたくさん田子のファンを増やしたければ、記録に残るものとして、カレンダー作成します、イベントポスターに使用します等の賞品の方が長く残りますが。現金よりも。
※5 画像加工について
世界の有名なコンテストに、加工されたものがでても、フォトショップでそれなりにできますというのがSNSで暴露されますが、現在のデジタル加工を甘く見ない方がいいですよ。
ということで、田舎でやったものですからという逃げはできませんので。
※6 データ出力について
現在スマホで900万画素、デジカメで1600万から2000万画素、一眼レフタイプで3000万画素以上ですので、アマチュアでもいいカメラ(高額の)でいい写真(自然よりきれい)は撮れます。というのもそうゆう機能満載デジカメで補正は自動でします。
というのは当然出力したものを応募するよりデータで渡した方がいいのですが。そのデータを管理することは役場のPCにデータを送る際にブロックされることはないですか?(画像メガバイトで)
また、インクジェットにて生データを加工しないで出力はしないでしょ。(トリミングや色補正など)
※7 テーマ 「にんにく」のテーマが無いのは、どうして。
全国に告知しようとするならば、6月頃の「にんにく収穫祭」10月頃の「にんにくとべごまつり」
など集客できるイベントを認知してもらい、撮ってもらえる。
過去に役場で「にんにく川柳コンテスト」で本を作っていましたが、やはり「にんにく」のテーマがないというのは????
日本のにんにくというテーマで、全国から公募をネットでということも平行併催として呼びかけたらどうですか?
また「にんにく」で国際交流の盛んな田子町としても、「にんにく」のテーマの画像はたくさんほしいですよね。
それから応募規定にある2014年1月からというのは、時系列からおかしいですね。
過去に撮っていた画像を発表できるチャンスをもらえるならば。

以上 いろいろ書きましたが、がんばってください。
平成27年3月22日 松橋 均

松橋さんへ
松橋さんありがとうございます。僭越ながら、若輩者ながらお答えさせていただきます。

1 審査員は?
これについては写友会の方に協力頂こうかと思っております。その他の審査員の方に関してはご協力を仰いでいく予定です。

新聞社も良いですね! ぼくはデーリー東北の市民記者なので、その辺りも掛け合ってみたいところです。

2 肖像権は?


応募規定    1人10点まで可。2014年1月1日から応募者が撮影した写真。
         万が一著作権や肖像権などで問題が発生した場合は、その責任は
         投稿者の方に帰属します。

 ぼくが松橋さんのご意見をきちんと理解できているか不安ですが、肖像権については上記のように記載を入れます。肖像権は非常にシリアスな問題です。

3 地域おこしは?

 写友会へはご協力を仰ぐ予定です。また町からもそのように言われております。まあこれとは別ですが、ぼくは写友会に個人的に入ることを写友会に伝えております。どこまでご協力いただけるかは別として、ぼく自身の活動として行います。また、写友会には言わないでください、もしも伝えている場合はあくまでフォトコンは計画段階と訂正を伝えておいてください。ぼくが正式にお伝えします。

4 賞金が?

 松橋さんのご意見良く分かります。しかし、必要ではないでしょうか? 写真を集めることはフォトコンテストの実績のひとつではないでしょうか。

5 画像加工について

 松橋さんのおっしゃることは分かりすぎるほど良く分かります。しかし加工は許可します。あまり間口狭めたくありません。見て不自然なのは明らかに不自然ですから。

6 データ出力について

 これについても松橋さんのお話を理解しているのかぼくは自信ありませんが、データはきちんと役場として保管予定です。ただ、松橋さんのおっしゃるとおり、印刷するときのプリンターの性能などは大事かと思いますので出力方法に関しては検討しています。データ画像の制限に関しては○MBまでとする予定です。超える場合は容量を減らして投稿してもらいます。まだ何MBまでいけるかは検証していませんが、大体4~5MB位までだと思います。

7 テーマ 「にんにく」のテーマが無いのは、どうして。

 松橋さん、さすがよいところに気づいて頂きました。ここを指定しなかったのは理由があります。おまつりを何故書かなかったか。これは色々とご意見を頂いた結果です。ぼくもそのようが良いと思いました。ただ、メインはやはり『にんにく収穫祭』『にんにくとべごまつり』でしょう、間違いなく。それは規定(最初は書いてました)にはあえて書かないのですが、募集のサイトに紹介を入れようと思っております。

 ※ちなみにぼくはにんにく大好きです。省いたのではないです(´ω`*)

 2014からとしているのは理由があります。ツーリズム、来てもらうそれが主旨となっているからです。申し訳ありません。

 松橋さん、ご意見ありがとうございます。ぼくは今まで様々様々色々言われておりました。その結果何回も何回も何回も変更をしました。フォトコンテストは直ぐ始めなければならないのも様々意見を頂けた結果です。しかし全てを容れていては動けず。そこ。そして、悩むだけでは始まらず、ぼくは動く、ただやはり応募規定は言葉足らずが多いと思います。松橋さんの貴重なご意見は参考にさせていただいてきちんとした募集のところに載せるものに関してはもう少し丁寧に書こうと思います。

 実際に動けるのはぼくだけでしょう。だからこそぼくが動きやすいようにやる必要があります。この意味きっとお分かりいただけると思います。また、フォトコンテストだけをやっているわけにもいかないのです。片手間にするつもりはないゆえに自分の動きやすさが必要です。


 ありがとうございます松橋さん、そして自分の言いたいことばかり偉そうに書いてごめんなさい。今度ラーメンでも買いに行ったときにお話します^^

 松橋さん、ぼくはやってみます。改善すべき点が多い結果になったとしてもぼくが後ろ指をさされるだけです。しかし、後ろ指をさされるほうが何もしないよりましだとぼくは思っています。

 世の中はやってみなければならないことだらけですね。しかし、もしもダメだという予想を脳がわめいてもぼくは身体を無理やり動かすべきというポリシーでいます(誤解の無いように念のため。あくまで自分のことです、何か他のものや人物、団体を決して婉曲したわけではなく、自分のことです。ぼくの人生は一度きりで、リプレイはできません。3年経った時にぼくは悲惨な状態になるか、首の皮一枚残して頑張っているか、もっとよりよい方向性へ乗り出した船の船長かもしれないので)。

 

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。