スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

地域おこし協力隊を応募する前に確認すること

 こんにちは、青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
 今日は町の情報ではなく、地域おこし協力隊を応募される方が少しでもお役にたてばと思いブログ書きます。地域おこし協力隊は4月からスタートするのが大半かと思いますので募集を考えている人にぼくが感じたことを知ってもらおうと思い書きます。

 地域おこし協力隊と十把一絡げに言っても、地域によって活動内容や待遇が違います。誰も安易に選択などしないと思いますが(いわゆる強い決断の上で応募されていると思いますので)、応募する前に、自分の思いだけを先行させるその前に、入念な調査をした上で募集しないといけないと思います。

言うまでもなく活動地域の選択が重要。
はい。これを間違えたら大変です! 3年間を棒に振りかねない。では選択する上で確認すること。

1.自分はその地域でどんなことをするのか明確になっているか
 自治体によってはこれがかなり漠然としています。表題の内容と違いかなり漠然と記載されていたり、複数の様々な形に受けとれる内容が列記してある場合もあります。
 活動内容がはっきりしていること。これは重要だと思います。
 もしも、あなたが行きたい地域で内容が不明確であったなら、必ず自治体の担当者に問い合わせをして下さい。そこではっきりした回答が得られるかどうか。また、その際はついでにその担当者が配属後もバックアップしてくれそうか聞いてみられてはいかがでしょうか。(地域おこし協力隊の募集部署と活動部署が違うことは割と多いかもしれません)

2.自分がやりたいことが決まっている場合
 一言、それができるのか? 募集内容でできると思っても一応確認した上で選ばれるのがベターかと思います。募集内容の文言しだいでは自分のやりたいこととマッチングしていないかもしれません。

3.副業は可能か
 地域おこし協力隊はお給料が固定されています。ぼくは残業代とかでていません。協力隊になると、今まで以上に交流が増えると思います。その多くは個人による出費になることが多いので、生活が苦しくなる場面も想定されます。自治体はその辺りに厳しいところもあるので、はじめから「副業OK!」とか明記されている場所が良いかもしれません。明記されていない場合は協力隊になってから、許可をもらわないといけない可能性が高いです。

4.初募集なのかそうでないのか
 地域おこし協力隊は現在割と募集する自治体が増えてきております。もちろんその中には複数の協力隊がいる地域も初募集の地域もあります。初募集の地域は自治体がどのように受け入れていくかしっかり下調べをしている場所もありますし、協力隊を受け入れたもののどうするか着任後に検討する地域もないとは言えません。その辺りも踏まえて情報を集めましょう。直接確認が一番良いと思います。
 すでに協力隊がいる地域は可能ならば協力隊にコンタクトをとって下調べすることをお勧めします。

補足1:可能な限り情報収集を。あまり聞くと嫌われると思わずに、応募を検討している自治体に連絡をとって確認して下さい。そして、可能であれば自治体の協力隊に対する温度を測って下さい。

補足2:ある程度資金があった方が良いかと思います。ほとんどの場合は家を自治体が借り上げてくれると思います。しかし、引っ越しの時にけっこうお金かかりました。自治体が出張費などの扱いでお金をくれて軽減することもあるかもしれませんが初期費用をしっかり見ておいた方が良いです。

補足3:情報収集。フェイスブックをやっている人は地域おこし協力隊のページがありますので、その中に入れてもらってみてはいかがでしょうか。本気でやりたい意気込みがあって情報を知りたいということであれば、ページのメンバーが入れてくれるはずです(ただし公のページです。聞きたい内容が聞けるかは保証できません)
 平成27年3月8日には地域おこし協力隊の全国サミットが開かれます。地域おこしに興味のある一般の方もさんかできますよ。

 また気になったことがあったら書きます。
※あくまでぼくの感想です。実際は様々なパターンがあり、
この情報だけで全て判断しないようにしてください。いっぱい調べて、納得できる応募にしたいですね!

これも読んでみてください、まさに『協力隊あるある』!
村楽LLP 地域おこし協力隊「失敗の本質」


ドメイン取るならお名前.com

ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊

新潟産こしひかり



今日、地域おこし協力隊のホームページを確認したところ、今日現在の全国自治体の募集件数は217件。
その内訳は都道府県ごとで(10件以上の募集自治体は括弧で表示

北海道:39件
東北:26件(うち山形県10件)
関東:13件
甲信越:35件(うち長野県25件)
北陸:15件(うち福井県11件)
東海:10件
近畿:12件
中国:21件
四国:17件
九州:27件
沖縄:2件

facebook:筒崎靖史
↓頑張って更新するためにポチッと(∩´∀`@)⊃ お願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。