スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

協力隊3年目でドキドキ。2016年お世話になりました!(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

2016年も残りわずかですねー
年内の更新は今日で最後になりそうです。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20161228_002
雪から顔を出しているにんにく。雪かぶってないと寒いだろうナー(((( ;゚Д゚)))

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20161228_001

望遠レンズにして外に出たついでに白鳥さんを撮ろうと、いる地点(田んぼ)付近をウロウロしましたがおらず。。。昨年見た場所にもおらず残念。こまめな確認の不足ですね。
自分、いつも本当に動物との遭遇運が悪いわけですが^^;
(まあ、運のせいにしている時点でダメだと思いますが……)
それで冬のにんにくを撮って帰って来ました。

今年も雪は今のところ控えめ。昨年は極端に雪が少なかった。
春の初めの病気や収穫期に玉割れが多かったのはそれが原因とも言われています。
雪は少ないほうが過ごしやすいですが、いつもと違う天候だとスキー場がオープンできなかったり、にんにくに影響が出てしまいます。今年は例年通りにいけばいいなあ。

協力隊も3年目に入ってもう3ヶ月が経とうとしております。来年の10月にはしっかりと定住できるように足場固めをしていかなくてはいけないですが、正直まだまだ。。。
ドキドキというかガクブルですね~困った困った(´ェ`;)三(;´ェ`)
田子町に定住して新規就農する予定でいますが、農地の確保など課題が山積みです。自分は課題をひとつづつ潰していくために、さまざまお願いや腹を割って話しをしていく必要があります。まずはそのための事業プランだと思います。

それにしても地域おこし協力隊の3年という期間は短いですねぇ~
期間中にはっきりと目に見えた偉大な地域おこしというのは正直難しいでしょう。実際はその期間に自分おこしをして定住して継続的に活動をしていくスタイルにもっていくのが理想ですが、その時行っているもの(協力隊としてのミッション)がそれとリンクしておらず、別の活動となるならば忙しい(充実ともいう)毎日になります。

まあ、これは自分のように定住を前提とした話。
最近は協力隊という経験を生かして次に進むこともできるようです。もう募集が終了しましたが、佐賀県では県職員として地域おこし協力隊経験者の採用を行っていましたし、協力隊終了後は別の地域で協力隊という方もおられます。任期のうちに成果や経験を積むことが次にも繋がります。
就職活動の言葉で言えば、地域おこし協力隊は安部総理のおかげで募集も潤沢にあり売り手市場。地方移住を考えている方にはおすすめの制度です。
IMG_5881.jpg
IMG_5879.jpg
東京有楽町のふるさと回帰センターのチラシにはかなり多くの『地域おこし協力隊募集』の文字が目につきました。

まずは必ず募集する前には自治体の担当部署に確認をとりましょう。副業OKかどうかとか、協力隊を採用した実績があるのかとか自分が疑問に思うことはずばずばききましょう。時間があるならば担当者に連絡してその場所に行ってみても良いかもしれません。担当者の対応を確認してみるのも大事だと思います。定住を考えないにしても、移住する場合にはそれなりにお金かかりますからね。。。

青森県の場合田子町の近隣ですと三戸町と五戸町が募集しています。よ? 担当者も知っています~
と、来て欲しい気持ちを多少出してしまいました^^;

これから寒さも厳しくなりますが、お身体を大切にお過ごし下さい~!!
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20161228_003
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。