田子町の虫追い(飯豊地区・細野地区)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

南部地方伝統の虫追い祭りは田子町にまだ残っており、飯豊集落(飯豊自治会)、細野集落(細野虫追い保存会)、原集落で行われています。そのうち、飯豊、細野は青森県の無形民俗文化財となっており、少子高齢化が進む中でも、祭りを大切にしています。

虫追い祭りはもともと農薬の普及していない時代に作物の害虫を駆除するまじないの祭りで、昔はどこでも当然のごとく行われていたものでした。
今回原地区は残念ながら所用により撮影できませんでしたが、伝統にのっとって人形作りからはじめる二つの集落の虫追いについてです。

飯豊

飯豊地区では旧暦の6月24日を基本にして7月24日に行われました。通常この日程ですが、状況によって変化することがあります。立ち姿の違う狛犬、女神の像がある法呂神社から出発します。
飯001
飯が豊かと名のごとく、水田が多い集落です。正式名称は『いいとよ』ですが、集落の方は『いんで』と呼んでいました。

飯002
人形に顔が貼ってあります。男女でワンセット。シンボルで区別できます。笛の吹き手も多く3名体制です。

飯003
悪虫退散 五穀成就 天下泰平 家内安全 その下はその家の子供の名前。

飯004
紙旗は自分の田畑にさします。

飯005
集落の端の田んぼから引き返し、集落の中を通って反対側の集落の端へ

飯006
最後につがいのわら人形は燃やされて儀式は成就します。

細野

細野は旧暦の6月24日に従い、7月27日に行われます。状況によって変化する場合もありますが、基本的にこの日にちです。
細野000
細野の紙札。悪虫退散 五穀成就 家内安全 天下泰平 四海万福 国土安康 そしてその家の子供の名前。細野は多いですね。四海万福は個人的に聞きなれないのですが、おそらく四海が世界という意味なので世界に多くの福がありますようにという意味合いでしょうか。ちなみにこれは昨年の写真

細野001
細野の皆さま。知っている南部町のカメラマンさんが撮りに来ていましたので、うまく笑顔にして下さいました! さすが.゚+.(・∀・)゚+.

細野002
細野は稲荷神社から出発です。

細野004
笛吹き手がいないですが、他の集落から応援できてもらっています。担い手がいなくなっていくと、祭りができません。

細野005
密かに参加(笑) 赤いシャツがぼくです。

細野006
細野のクライマックスはわら人形が抱き合い谷底へ

地域の伝統行事はいついつまでも続いて欲しいものです。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)