スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

田子にんにくツーリズム

田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
2016年2月22日に『田子にんにくツーリズム』というモニターツアーが開催されましたー!

ニンツーポスター0205訂正分

このイベントは田子町の人が半年前から意見を出し合って作り上げたツアーで
①まちあるき→②にんにくみそ作り体験→③にんにく足湯体験という3つのメインイベントの中にたくさんのにんにくの町たっこならではの内容が盛り込まれています。

ぼくは案内チラシとにんにく足湯を担当いたしました。
足湯のお湯を沸かしながら、時間を見て撮ってきたものですが当日の様子を見ていきましょう。

田子にんにくツーリズム_006
当日の朝。世界初のにんにく足湯準備

田子にんにくツーリズム_003
まちあるきの様子

田子にんにくツーリズム_007
田子にんにくツーリズム_009
にんにく首都田子町ガーリックセンターです。

田子にんにくツーリズム_013
田子にんにくツーリズム_004
にんにくみそ作り体験

にんにくみそを作って、焼おにぎり、つつけをみんなで食べます。

田子にんにくツーリズム_015
田子にんにくツーリズム_016
田子にんにくツーリズム_005
二戸市地域おこし協力隊も来てくれました^^

お待ちかね足湯です!
田子にんにくツーリズム_001
田子にんにくツーリズム_018
足湯も好評でした!

まちあるき係の方が足湯の間紙芝居もあってゆっくりとくつろいでもらえました!

もちろん、これから改善すべき点もありますが、その辺りは今後どう扱いますかね~
ガーリックセンターなどのまちのお店などに置いても良いと思うのですが。

地方のツーリズムについていつも思うのですが、どう扱うか、どれだけPRできるかなのです。
ツアーをやるにしても、マンパワーが必要。収益があがるか、手間賃とか人の時間は貴重であり、ただ無償奉仕ではダメですね。
生きる時間と言うのは田子町の水のようにコンコンと湧いてくる水のように潤沢ではないのです。
その辺りをどう考えていくかが大事です。
さりとて無理となるととても勿体無いので、足湯やまちあるきなどをうまく町の観光に活用すべきですし、ほかにも足湯だけ活用することはできます。足湯は気軽に誰でも用意できて、どこでもできますから。やりたい人がさっと使える。それが強みです^^

田子にんにくツーリズム_019
最後に2時29分にタッコーラを飲んで〆

お知らせ①
第9回~2
第9回~1
まずはにんにくまつり。2月27日(土)
場所は田子町農業者トレーニングセンター
ガーリックレディコンテスト募集中です!!
フォトコンテストの表彰式は午後2時からです。
今、開発中のドレッシングの試食もできます~
(ぼくも試食ドレッシングあります10時半~11時半までぼくのはやっています)
お知らせ②
panfu03.jpg
おかげさまでえごま油ほぼほぼ完売です。次は今年の冬でしょうか……

それではまたノシ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。