スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

えごま油が大変な人気ですね!(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

2017年2月9日:googleから???の警告。
安全でないパスワード収集というワードで警告がきましたが、パスワード情報を収集したりするページではありません。
とりあえず、リンクの部分がありましたのでそこを外します。


12688320_922268831214691_6978645271312676139_n.jpg

先月末にえごま油の話題がTVで2つありました。
・3割しかα-リノレン酸が入っていないえごま油が出回っていた。
・えごま油でしみが消えるというテレビで、えごま油は健康という側面に加え、美容にも良いという評判になった。

非常にえごま油にとって追い風でしょう。ええ、かなりの追い風でした!

青森県南部町の藤田酒店さん(青森県 三戸郡南部町 大字福田字町中12 0178-84-2007)でもお取り扱い頂き、好評とのことです。

IMG_3318.jpg
藤田酒店(青森県南部町)

在庫もほぼ底をつく状態です。産直たっこやさんでも取り置きが多く、えごま油が大変注目されています。

こうなってくると、国産のものはまた消えるでしょう。できるだけ国産のものを提供したい思いでしたが、やはり足りなくなってしまいました。

活動はうまくいっているかのように見えますが、問題点やこれから改善すべき点もあります。品質は問題ありません、しかし、量が不足していることが問題です。十分に供給できる状態に持っていかないといけません。せっかく再熱しはじめた田子町のえごま栽培をますます盛り上げなくてはなりません。
もちろんそれ以外にも不安要素はあります。どんなことも順風満帆とはいきませんね。必ず、壁が生まれます。ましてやこのように売れに売れる状況では当然なのです。

今日は遅い時間にアップになりましたのでこのくらいにしますが、次回はえごま油についての話と使い方についてお話したいと思います。

追記:田子町はにんにくのブランド商標を持っています。にんにくの町、田子です。今回、田子町観光協会の主催で『にんにくツーリズム』という町内ツアーを開催します。
とくに『にんにく足湯』は開発者として体験してもらいたいですね! ぽっかぽかに身体が温まって、足も臭くなりません。是非、この機会に体験してもらいたいなあと思ってます^^

えごま油で忙しい状況で突貫作業となりましたが、チラシを作成しました。どうぞ宜しくお願い致します。
ニンツーポスター0205訂正分

それではノシ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。