協力隊に関わる人に読んでほしい 田子町地域おこし協力隊の筒崎です。

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

エゴマをついに軽米町の搾油所に持って行きました~。

IMG_0170.jpg
非加熱で搾りますので、α-リノレン酸が酸化しません。純国産のエゴマ油の誕生です^^

IMG_0172.jpg
これは搾った後のエゴマ。これはドレッシングなどの素材にも生かせそうですね^^

IMG_0173.jpg
その日の気温などで油の出る量が変化します。

①良ければこのブロックの中を読んでください。


軽米町ではかなりの注文で早朝から搾油していました。エゴマが全然全然全然……足りないと言っていました。エゴマ油は普段我々が食べている油と正反対の性質を持つものでアレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制の効果があります。この油は欧米化した我々の食生活に必要です。ぼくはエゴマ油の人気は一過性のものでないと思っています。正直なところ、エゴマだけ作って出荷では付加価値を付けてうまく販売しないと生業として厳しいですが、油にできれば! そう油にさえすればにんにくとタバコに肩を並べる収益の上がる農業になると思っています。搾油したエゴマの搾りかすも加工品にすれば上乗せできます。油まで町で作れる体制が整った上での他町村との連携が本物の連携。売り先の心配も少なくなります。どんどんと町のエースクラスの産業を作ることこそがこれから町に必要なことであると信じています。そしてなにより取り掛かりやすい。種の費用や農薬は不要、じゅねの会という仲間がいるので放棄地の減少に間違いなく一役買うでしょう。これが、今年エゴマを育ててみての感想。今その方向に持っていかなければ確実に遅れるでしょう。



ぼくは2014年10月1日より田子町で活動している者です。観光資源調査の一環としてエゴマ油は取り組みました。じゅねの会の皆さまや畑を貸してくださった関口さん、ほか多くの農家さんの助けを借りてできました。本当に感謝しております。

協力隊の畑はどうだったか

今年ぼくの畑はエゴマの栽培とにんにくを植えました。にんにくはマルチ5本くらいなので残りのエゴマを刈りとった場所をトラクターかけました。すると、今回畑を借りている関口さんにもうひとつの畑も今年トラクターお願いねと言われました。もうひとつの畑というのは川名さんが借りている畑ですね~。
関口さんに普段からトラクターをお借りしている立場上、川名さんの畑も含めトラクターや草刈りなどもたまにやっているのですが、借りた畑は今年のうちにきれいにしておかなくちゃなのです。

川名さんの畑はダイコンと韃靼そば。しかし、韃靼そばは残念でした。雑草に負けてしまって>< 
でも仕方ないのではと思います。
いちごをやっているだけでも手一杯でしょう。だってはじめての農業ですから。ぼくも少しの面積でしたけど大変でした。沢山の協力で成し得ました。農業は楽しいですが、やはりほおっておいて何とかなるものではないですね^^;
さらにCafeが始まったようなのでとくに畑は難しかったでしょう。大変な状態です。良くやっているなあとぼくは驚いてしまいます。川名さんは本当にパワフルな人ですね。ぼくも今年初めてのエゴマ栽培でお手伝いはこの畑をトラクターかけすることくらいしかできませんでした。個人的に来年は1反→2.5反にするので、なかなか来年当たりは協力が難しくなってきそうな気配です。

DSC_0633.jpg
まずは2列ほどかけた状態。ここで一度ロータリーにからまった草を取り除きます

DSC_0637.jpg
ホント雑草って強いのね^^; 雑草をこまめに処理しないと……雑草と共存する自然栽培も視野に入れていく必要がありますが、どうしても景観を気にするとそこの入り口にも立てませんね。

DSC_0638.jpg
あと2列のところ。

トラクターかけるのは苦ではないですが、自分のところを倍以上にするのでやや心配になりますがブレーキをかけてしまえば小さきものになるのは請け合い。やるしかない。だって協力隊の期間が過ぎたら収入は自分で稼ぐのでその準備をしていかないといけないので。それに農家さんはもっと沢山の畑をまわしているのですから、その動きやお手伝いを通して学んでいきます。
来年は自分の生業のランクアップが中心になりそう。川名さんは川名さんでやるべきことがあり。それぞれが違う視点で別々のことをやっています。協力できるところは協力していくのですが、自分の活動を大事にするのが一番です。それでできないのなら、それは自分が悪い。
なぜこんなことを言うかと言いますと、こう思うからです。
②まず自分って言うと利己的にきこえますが、自分が幸せでないのに町を幸せにできません。違いますか?

次。協力隊の活動を比較する人は結構いる。その人に一言。

③多くの協力隊がそのような比較をされている。なぜ優越をつけるのですか? 活動に良いとか悪いとかはありません。その個人が真剣に取り組んでいる限りは。そういう見方から別の視点で捉えてほしいもの。ぼくは色々な協力隊から話をきくことがありますが、比較は協力隊を不幸せにする原因です。良かったらやめてください。

そして田子町には①②③の考えをこんな風に書かなくても理解してくれている方が沢山います。だからぼくはこの町が好き。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
えごま油の完成おめでとうございます!

販売が決まったら、ぜひ購入させてください。
うちの近所の自然食品店や産直店などで扱うようになってくれたら嬉しいなぁ。
えごま油は美味しいし体にもいいので大好きですが、なんせお高いのでドレッシングなどここぞというところで大事に使っています。

つっちーさんのような生産者が増えて、もっともっと普及するといいですね。

今日のブログを読んで、相田みつをさんの
「幸せはいつも自分の心が決める」
という言葉を思い出しました。

比較する人は、比較する生き方しかできないのかも。
自分の信じる道を、自分の好きな町で、自分の好きな人達に囲まれながら実践できるなんてなんて幸せな人生なんでしょう!!
No title
清水翔平氏を通じてつっちーさんのことを知りました。
つっちーさんの田子町に対する思い、情熱が伝わってきて
思わず目から汗が止まりませんでした。

清水翔平氏が早々に田子町を出られたことで、何らかのプレッシャーなり
悪口を言われたのだとしたら彼の代わりに謝らせてください。
ほんとうにごめんなさい。

これからもブログを楽しみにしています。

追伸 あと①ってどこにありますか?
バンジョーさん
バンジョーさんこんにちは!
①はエゴマについてです。『①良ければこのブロックの中を読んでください。』の部分です。特に町の人に読んでもらいたい部分です^^

しみっちゃんのことで悪口を言われた事はないですよ^^
とても面白い考えを持っていてぼくは好きでした。
個人的には短い間でとても残念な気持ちですが、しみっちゃんに何かプラスになったことがあれば良いなあと思っています!
ぷくさん
ぷくさんこんにちは^^
いつもありがとうございます! エゴマ油を田子町のアンテナショップ、それからふるさと納税に出せないかなーとか考えています。今年は一連の流れを身につけようと、お手伝い中心に自分はここまでならできるという考え方で育てました。
ぷくさんの手にとってもらえる日がきたらそれは本当に嬉しいと思います^^ どうか楽しみによろしくお願い致します!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)