スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

笹の花やシナノキ、四角岳の魅力(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
今日は午前中はにんにく収穫祭の打ち合わせ→その後四角岳のシナノキの方へ。昨年の11月下旬同様にまた山に慣れたおふたりと行きました。

藪の中を進みシナノキへ到着。行きの所要時間は30分。沢もあります。

IMG_1114.jpg
割と見晴らしの良い場所で撮影(笑) 藪の中では「うわ、前が見えない!」とひとりで騒いでおりました^^;

IMG_1131.jpg
IMG_1123.jpg
IMG_1126.jpg
うーん、やはりすばらしい木ですね^^

前回は木の内側を堪能しましたが、今回はちらっとだけ。笹薮を越えて来るかいのある木です~

その帰りに「笹の花がある」とのこと。
以前一度見たことがあり、笹の花はイネ科の雑草めいたものという認識しかありませんでした。確かに笹はイネ科のはずですので似ているのは無理も無いですが、「10年に一度しか咲かず、その周囲の笹も枯れてしまうものなのだ」と言われ、驚き写真を撮りました。なんというかぼくは抜けていますね~^^;

IMG_1145.jpg
IMG_1154.jpg

地味な花ですが、さまざま物語がある花。ネットを見ると60年に一度しか咲かないとか、センチュリーフラワーとか言われているじゃないですか! ぼくはまったくその価値に気づいていませんでした。「地味だ」とだけの判断で、本当に珍しいもの、大切なものを見逃してしまうところでした!
本当に恥ずかしい話です。地域資源の掘り起こしを担当していながら……。
この笹の花は四角岳の登山道入り口の途上にありました。

帰りの道すがら『三本松の山の神』も
IMG_1159.jpg
いつも伸び伸びとしてホッとさせてくれる木です(=´∇`=)

その後は自分の畑のじゅねを植える作業しつつ、タプコプ創遊村へ。そうなのでした、黄色いたんぽぽみたいな花がいーっぱい咲いているのですよ。しっかり撮り忘れていました。
しかし……
IMG_1166.jpg
IMG_1172.jpg
IMG_1177.jpg
IMG_1181.jpg

この花、夕方には閉じてしまうんです。またお日さまが出ていない場合も閉じます。タプコプ創遊村一面に黄色が満開の状態は午前中のお天気の日が一番。
これは天気の良い午前中に撮りたいですねえ……また、この花の名前調べました。

調べてみたところ、この花は『ブタナ』という花でした。

ネットを鵜呑みにすると芝生を枯らしてしまうそうですが、黄色の花いっぱいの状態もなかなか見ものです。また、タプコプ創遊村の方に大きめのタンクをお借りできて、ちょっと弱り気味のじゅねたちにたっぷりと水をあげることができました。

畑にしても、今日のシナノキ探索にしても日々、町の方に感謝です。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。