スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

地域おこし協力隊活動について思うこと(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
少々ブログの更新に間が空きましたが、今週の活動の報告
畑のお手伝い
フォトコンテストとにんにく収穫祭のポスター配り
フォトコンテストケーブルTV告知
ケーブルTV『地域おこしCH』用の動画作成
じゅね植え
今週の活動はあまり進捗が良くなかったと思っています。
とくに単独でやらなければいけないフォトコンテスト関連が遅れています……ただ、単独なのでメリハリをつけた募集にしようと思います。SNSのページなどを作りたいですが、畑終わってから本格的にその辺は手をつけようかと思います。
皆さま様々ご意見がおありかと思いますので、是非教えてくださいそして、是非助言を頂けるなら写真も投稿してください。ぼくに直接でも構いません。お願いします。また、じゅね(エゴマ)は自分が甘かったです。苗が足りずほとんど植えることが出来ない状態となり、もう一度苗を作り始めています。改めて苗を確保しないと始まりません。苗作りは大体2週間はかかるでしょう。ぎりぎりでしょうか。分かりません……生まれて初めて畑をやるのですから。
田子町地域おこし協力隊つっちーblog20150613_001

何故畑やるのか?
 ぼくが何故畑をやっているかと言えば、定住するための生業を選定するための行動です。そしてじゅねを育てる理由は、

1.健康商材としてある程度の付加価値がある作物だと思う。
2.手間がどのくらいかかるのか。あまりかからない作物ではないのだろうか。
3.油をしぼれたらいいなあ。
4.トマトやナスなど普通の野菜は価格競争。できるだけ競争が少なそうなもの(昨年はじゅねが足りなかった)。
5.もしも1と2が真であれば、じゅねを育てている人たちと力を合わせて田子町の収入源として確立し、それが油を絞るための施設を町に持ってくることができる(あいまいなニュアンスにしております)
田子町地域おこし協力隊つっちーblog20150613_007

 懸念は、
1.→じゅねに代わる新しい健康商材が出てくる可能性がある。
2.→実際に育てて収穫してみないと分からない。手間が掛かる場合は何か他の仕事と併用できない。片手間はダメですが、これだけに全てを注ぎ込む考え方にぼくは賛同できないから。
3.油は田子町以外の場所で絞っています。一体どれくらいの収益が見込めるのか未知数。
4.よそでもじゅねはいっぱい作っています。今年は昨年の不足を受けて生産量が増える可能性がある。また隙間商材は沢山ありますが、ぼくが知っている限り、手間と年数がかかりすぎるものが多い。
 
と、偉そうにしゃべっていますが、分からないからこうやってしゃべれます。いろいろと棚にあげて(笑)

 今年にんにくを始めなかった理由。
 これは最初に止められたのです。ぼくは最初なぜ止められたのか分からなかった。ぼくは日本一のにんにくの町でにんにくを作るのはとても素晴らしいことだと思っていた。しかし、今は分かります。ぼくは止めてくださった方に感謝しています。今は勉強しているので分かるのです。何故生産量が増えないか、にんにくを育てるのにどれだけのコストがかかり、どれだけ大変な手間暇かかるか。
 現在はもっときっちりと勉強をして覚悟をしないとにんにくを作ることは難しいと思っています。しかしだから作らないではありません。にんにくを作るかどうかは農業に重きウエイトを置くとき、じっくり考えた上で決断したいと思っております。

どうしてこんな話をしているのか→町の人は地域おこし協力隊の詳しい制度を知らない
 これは当たり前だと思いますので、ざっくりと話します。町の方はとっても良い方ばかりです。しかし、町のために働くことだけが使命だと考えていらっしゃる場合もあります。
→実際は3年終わったら、無職です。失意のまま路頭に迷うわけにもいかないから自分で活路を切り開いていかないといけません。地域おこし協力隊の活動は町の方が考えているまたは協力隊に与えられたミッション(ぼくの場合さらっと書くと地域資源の発掘)に加えて3年後の定住の生業作っていく活動です。

協力隊の3年間とはミッション+町で定住するための活動です。

 畑をやるのも、地域資源をリサーチするのも地域おこし協力隊の活動です。誰かにやれと言われたわけでもないんです。ぼくは田子町に定住を考えていますので、口を糊するために何が一番良いのか? またあわよくば町の活性化とリンクする事業をしたい。3年というのは長くありません。
 じゅねは種が小さく(大体ごまの大きさ)、苗もなかなか伸びない。しかし、最後は人の丈を超える大きさになります。最後は大きく育つというのが、ぼくがじゅねを好んだ潜在的な理由かもしれません。

※最近誤字が多いようです。そうです多いです。ぼくは大いに反省しています。文章の誤字があるのは自分にとって恥ずべきことなのです。完璧というのは無理ですけどね^^
今回は写真少ないので大黒森の写真を貼ります。
つつじは今年開花が早すぎて残念でした。つつじまつりはつつじがほとんど無い状態でした。
田子町地域おこし協力隊つっちーblog20150613_006
田子町地域おこし協力隊つっちーblog20150613_005
田子町地域おこし協力隊つっちーblog20150613_004
田子町地域おこし協力隊つっちーblog20150613_003

ロッジカウベル
田子町地域おこし協力隊つっちーblog20150613_002
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。