スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『第29回にんにくとべごまつり』

第29回 にんにくとべごまつり
日時:平成26年10月4日~5日
ところ:青森県田子町大黒森229ドーム
〈2014年度は終了しました。ご来場されたお客様、ボランティアの皆様ありがとうございました〉

にんにくとべごまつり田子町で最も盛大なイベントで、幻の田子牛田子町名産のにんにくを豪快に食べつくすイベントです。
 快晴の中、今年も町をあげて盛大に行われ、来場者数が2日間で一万人に届く勢いでした! 
 
 田子牛のバーベキューということで、家族連れが多かったです。リピーターの方が多いのが『にんにくとべごまつり』の大きな特徴です。そのため年々来場者数は増加傾向で、今年はすぐに前売券が完売となりました。もちろん、前売券がなくても地元の確かなお肉屋さんが田子牛を当日販売しておりますのでバーベキューはできます。また、ホルモン(これはやみつきになります)や牛たんをはじめすき焼き用などのお持ち帰り用のお肉も取り揃えています。

にんべご1
にんべご2

 『にんにくとべごまつり』の目玉といえば、『田子牛の丸焼き』。大人10人以上で田子牛に金串を通し、それを徹夜で脂の落ちる場所を監視しながら肉が固くならないように炭火でじっくりと焼き上げるのです。
IMG_0164.jpg
田子牛丸焼き
田子牛丸焼き完成!

 こだわりと手間暇をかけた美味しさは格別!!

 これは並んで買う甲斐があります。特に赤味部分の柔らかさに驚きです! 実は田子牛のヒレはお箸で切れるほどの柔らかさ。この『田子牛の丸焼き』は、是非ご賞味頂きたいです!!
 ※田子牛は2014年現在、約600頭ほど肥育されていますがそのうち田子牛となるのはA4ランク以上だけです。山の清水と自然に抱かれて大切に大切に育てられます。

 屋台や特産品の出店も30店以上並びます。バーベキューや田子牛の丸焼きが食べられなくてもお店でこの地ならではの味を楽しめ、田子産のたっこにんにくやお土産物をたくさん買えます。
 さらに田子町と親交のある市町村(今年は青森県階上町、千葉県多古町、宮城県東松島市、岩手県野田村、秋田県鹿角市)からの出店もありました。
 今年特におすすめだったのは、田子町商工会青年部の牛すじの煮込み鍋『千人鍋』です。開場と同時に千人鍋の美味しそうな香りが出店ブースを包んでいました。

千人鍋

 イベントも盛り沢山でメインステージではお笑いライブ、バンド演奏、クイズ大会、じゃんけん大会、抽選会etc…
 その中で特に盛り上がったのが、
にんにくとばし

『世界にんにくとばし大会』!!!
 これはにんにくを口に含んで飛ばし、飛距離を競うというシンプルなもの。

 来年2015年は30周年です。今年を振り返りながら記念イベントとなるよう、関係者一同頑張って参ります。
 次の30回目は行ってみようかとお考えの方、是非ご来場ください!!
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。