じゅね(えごま)味噌でつつけ(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170208_001
「奥さん、えごま油一本いかがですか?」

えごま油ブームが去った! と思っていらっしゃる人がいるかもしれません。えごま油は流行ではなく、体に良いものです。是非積極的に摂ってください。実際に在庫なくなるほど出ていますよ^^ また搾油をお願いしないといけないです。

今日は郷土料理『つつけ』……南部地域(青森県南・二戸市周辺)では『かっけ』と呼ばれていますが、田子町ではつつけと呼びます。
つつけはそば粉や小麦粉を練って薄く延ばし、三角に切ったものです。つつけは豆腐や大根などと一緒に鍋で茹でて、にんにく味噌でいただきます……と、普通はにんにく味噌ですが、にんにくが無い頃はひろっこ(野蒜)をすりおろした味噌、もしくはじゅね味噌(えごま味噌)で食べられていたそうです。

なんと、ここでもじゅね味噌が活躍していました。串餅はじゅね味噌ですが、つつけもそのように食べられていたとは驚き。
そこで、以前から細野地区の幅野さんよりそのうち食べさせてあげると言われていてついに食べることができました!!


田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170208_002
じゅね(えごま)です。一旦炒ったもの。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170208_003
すり鉢ですりおろすと香ばしい香りが漂います。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170208_004
すりおろす幅野さん

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170208_005
粘り気をもっと出すために水を、味付けは味噌のみ

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170208_006
様子を撮影する地域おこし協力隊の川名さん。今回はTakko cafeをお借りしました。
※Takko cafeのメニューにつつけはありません。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170208_007
つつけ。さっとできあがりました。
具材はそばつつけ、麦つつけ、豆腐(木谷豆腐店)、大根のみ。お湯で煮るだけ。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170208_008
冬場にはたまりませんね。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170208_009

じゅね味噌は豆腐とよく合うなあと思いました。もちろんつつけも。にんにく味噌やにんにく醤油とは違ったやさしい口当たりで、じゅね独特の風味が広がります。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170208_010
若宮八幡宮の祠。最近は雪がよく降っています。

冬はつつけやひっつみ、せんべい汁が本当においしいです。こちらにきたら、是非食べて下さいね(^-^)/
話は変わりますが、黒千石大豆探しています。誰か栽培していないかな~???
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

東北ふるさとCMフェスティバル2017

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
東北6県の『ふるさと自慢わがまちCM大賞』を集めた『東北CMフェスティバル』
その番組収録のために東日本放送(仙台市)へ行って参りました!!

番組の放送は東北6県のテレビ朝日系列で放送されます。
2月18日(土)16:00~16:55

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170206_004

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170206_002
収録前に物産のPRをするにっしーさんに撮影してもらいました~

まあ、正直収録は緊張しまくりでうまくしゃべれずOTZ。。。。。。。。。。
放送は2月18日(土)16:00~16:55ですが、自分はきっと正視に耐えないでしょう。いろいろな失敗を客観的に見るのは酷ですが、見るしかありません。見ますとも!
他県のCM素晴らしかった。特産品もとても美味しかったです~

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170206_001
にっしーさん。変顔は良いヴァリエーションをお持ちの様子。

何回も書いたかもしれませんが、
放送は2月18日(土)16:00~16:55です!
青森だと青森朝日放送。

青森県内のCM大賞の作品を見たい!! という方はこちらからご覧いただけます。
http://www.aba-net.com/cm/

あと、CMフェスティバルと関連はないですが、2月3日の節分の日。
福豆を配りながら家々をまわる人々を発見。
これは田子町ではじめて見ました。
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170206_003
家の方はお礼のお金を渡していました。
そりゃそうですよね。寒い中おつかれさまでした。

春まで病気や火事がないことを祈ります。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

田子町で地域おこし協力隊募集はじまりました!!

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
田子町で地域おこし協力隊の募集はじまりました!!

『移住コーディネーター』を募集
募集期間:2月1日~2月28日迄


田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170201_001
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170201_002


協力隊は任期が3年が限度ですが、UターンやIターンを考えている方にとって、町を知り定住の準備をするには地域おこし協力隊は間違いなくやりがいがあり、有意義に過ごすことができます。

実際に、住民課の移住イベントや体験住宅の方のご案内もしたことがありますが、毎回楽しみでしたヾ(o´∀`o)ノ
弘前の協力隊の吉田さんは移住コーディネーターとして活動していますから、県内での連携なんかできるといいですね!

一般的には協力隊を受け入れている実績があるほうが良いと言われています。
また、副業も相談してOKをもらえました。
研修についての相談や休みの取り方なども大変親身な対応をしてもらっています。
受け入れる体制としては非常に良いのではないかと個人的に感じていますので、とってもオススメです。
住民課のみなさまもとっても親切ですよ^^

現在、町にはぼくを含め3名の協力隊がいますので何かききたいことがいつでも聞いてください。

応募お待ちしております!!
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)