田子にんにく収穫祭大盛況でした!

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
第5回にんにく収穫祭終了致しました!!
今年の来場数は3500名で昨年の約1.5倍という大盛況ぶり。
今回ぼくは2日間、バスの添乗員としてお客さまをご案内。そのため写真が少なめですが(つω-`。)

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_002
八戸駅西口前で(お客様に撮影して頂きました!)

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_001
バスの車内(お客様に撮影して頂きました!)

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_006
会場(田子町農山村広場)

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_005
たっこ王子

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_004
ガーリックレディと司会はおなじみの観光協会にっしーさんと高下さん

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_007
収穫会場

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_010
にんにくの掘り取りをするお客様

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_008
収穫をした後は、持ち運びやすいように茎を切るか、そのまま持ち帰るか選べます。
(茎を切ると持ち運びには良いですが、においします)

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_017
生にんにく(関会場)

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_009
田子町商工会の黒にんにくピザ(田子会場)

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_012
ケバブ
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_015
今年もケバブは長蛇の列でした~

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_014
準ガーリックレディのおふたり。土日だというのにイベントの盛り上げありがとうございます!!

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_013
ユルキャラさんも。左は三戸町の11ぴきのねこ、右は鹿角市のたんぽ小町ちゃん。


田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160621_016
田子牛と黒にんにくがトッピングされたカレー(関会場)

田子町の三大イベントはだんだんとお客さまが増えています。さらに盛り上げていきたいところです。

ご来場されたお客さま本当にありがとうございました!
またスタッフの方、大変おつかれさまでした^^
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「第5回田子にんにく収穫祭」の会場アクセス(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
田子にんにく収穫祭はいよいよ明日からです。

ぼくは18日、19日の両日とも八戸から出発する無料シャトルバスに乗り込んで案内人をします。
楽しみにきたお客様が不愉快にならないようにしたいところ。
マイクがないのが辛いところですが、できる限り大きい声で頑張りますね。

シャトルバスのコースについて※バスの予約は締め切りました。

当日はお車で来場される方のほうが多いかと思います。はじめての方が来れるよう道路わきに看板を配置してあります。

18日(土)19日(日)田子会場

以下八戸方面からの流れになりますが、まずは国道4号線を三戸方面に走ると左手に「こま温泉」が見えます。その先に国道104号線へ入るバイパスを降りる道路があります。
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_001
ここを右田子側へ行きます。
※二戸市から来た場合は逆になります。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_002
上記看板が国道沿いにあります。

このまま104号線を進みますと田子町に入ります。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_003
田子町に入ってローソンが左手に見えてきます。
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_004
ローソンを過ぎてすぐ看板もあります。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_005
ここで左へ曲がります。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_006
看板のある場所は「リカーショップきたむら」

その後、ホーマックNICOTを過ぎ、消防署を過ぎると橋があります。
橋が終わると交通整理の方がいらっしゃいますので、誘導に従って入って下さい。
また会場の手前の橋は狭いので、ここにも交通整理の方がいます。誘導に従って駐車場へ。

今日の会場の様子
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_007
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_008
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_009
掘り取り用のにんにく。
保管の方法や生にんにくの食べ方はスタッフにお気軽にお尋ね下さい。

田子会場(18日、19日開催 田子町農山村広場)は以上になります。
秋田県(鹿角市)側からも看板があります。看板に沿ってお進み下さい。

19日(日)関所の茶屋会場
関所の茶屋へ行く場合は看板で曲がらずに104号線を秋田県鹿角市方面へ進めます。
関の会場は国道沿いですので、国道を直進すれば大丈夫です。
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_010
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_011
田子会場に行くつもりが通り過ぎた場合ここからも行けますので左へ
関会場へ行く場合はここを曲がらずに直進。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_012-2
車を国道に沿って走ると関集落の看板が見えます。
もう少し行くと会場です。
今日は準備の日で集落の方が草取りしていました。
19日1日のみの開催ですが、田子牛と黒にんにくの入ったカレーライスは食べてみたいですね^^

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_013
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_014
関会場の駐車場

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160617_015
掘り取り会場

ここからさらに鹿角方面へ進むとみろくの滝へ行けますよ~!!

では、当日をお楽しみに^^
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

つつじまつり開催中ですが、田子町のつつじは散りました…

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160614_005
もう遅かったが、この看板を私は国道104号からタプコプ創遊村へ曲がる道に立てたい……

現在つつじまつり開催ということで、ポスター(6月4日~6月19日)や新聞などイベント情報として流れていますが、ぼくの力ではどうすることもできません。看板すらも立てられず。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160614_004
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160614_003
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20160614_001
大黒森山頂はもう散っていました。霧で見づらいでしょうが枯れています。

ですので、ここに書きます。

観光者目線で言えば、
「わざわざ遠くから来て、山頂まで上がったのにつつじもなく、人もいない。これがまつりとは如何なものか?」
と、電話口で言われました。これが当然な感想。共感しかしません。わざわざきたのにかわいそうで仕方ありません。声を荒げて電話口で言ってくださる方の気持ちよく分かります。ただただ謝りました。
自分は担当ではないですが、そしてそれで責任逃れをするつもりはないです。しかし、ぼくにはどうすることもできません。
※ただこれは見て過ぎ去って下さい。この記事については「ただそうか…」とだけ納得して下さい。

役場に場所を聞きに来た方もいました。畑で作業中に尋ねられたこともありました(ただこの場合はカラオケ大会をやっているというのできたということでしたが……誤りであってもそれだけ期待値が高いということ)。また先日コメントでも来週行くと頂きました。
その方々がガッカリしたと思うと悲しいです。

決して誤解しないように
このように書くとネガティブに捉えられるかもしれませんが、そうではないのです。観光客の期待値を下げるくらいならば、それはまったくの逆効果だからです。お客様が町に来なくなってしまうかもしれない。ぼくはそれがただ悲しいのです。
地方の観光事情は非常に困難な状況に来ています。

つつじまつりもかつては東北馬力大会で人が集まったり、期間中毎日出店がありました。人もいて余暇を楽しむ場所を探している人がいて、さらに気候ももう少し冷涼であったのでしょう。であれば、つつじまつりという名はふさわしいものです。

これは誰も否定していません
ぼくは誰も否定していません。なぜ否定しないかといえば、この期間で続けている背景を承知しているからです。何年も続けていたもの、毎年恒例のもの、言わば伝統となっているものを壊すことは難しいことだからです。どんなに時代が変遷しても変えたくないものがあるのはよく分かるからです。

今までやっているものを変えるのは思った以上にパワーがいります。
新しくはじめるほうがスマート行くことのほうが多いです。懸念もありながらも、「まずやってみなければ!」という気持ちになれるからです。そして経済に繋がるものならばなおさら。ジュネ(エゴマ)の栽培運動は着実に前へ進んでいます。商工振興Gで頑張っているじゃらんの「ガリステごはん」も好調です。
地方の観光はシビアであることを痛感します。経済も伴うものにしなければ息切れします。そういう中で模索しているのもよく分かっています。だから否定しないんです。簡単ではないから。

変えられないものをどのように変化させるかは課題ですが、このままで良いはずはないのです。時代とともに変えないといけない。生き残るとはそういうこと。
ただそれを言いたかった。たまに「普遍のものにしなければならない」と言う意見は一般的に言われるかもしれませんが、そうではないと思います。生物だって絶滅したり変化して今があるのです。正直ずっと変わらないものはなく、常に次のものを模索する必要があると思います。

でもつつじは美しい。つつじに罪はない。
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160607_009
田子町つっちーブログ20160602_001
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160526_008
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160526_006
今年のつつじの様子
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

エゴマ移植まだまだ続きます(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
今日は畑の写真ばかり。
エゴマを役場の出勤前、退勤後に植えていますが、
道のり遠し……

しかしo(o・`з・´o)ノ
この程度でくじけるわけには行かない(笑)
植えてから戦いが始まるのだ! これとの→wwww
マルチ張らないで今年は植えますので、草をいかにして攻略するか。丈さえ伸びてしまえば雑草は陰になってエゴマの勢いに勝てませんが、植えた後の処理と大きくなるまでの除草をきちんとしなければ!
苗にするのに大体1ヶ月です。厚蒔きしてしまった苗たちは長くひょろりんとしてしまいましたが、薄蒔きの苗はどっしりとした面構えで、植えているときも頼もしい限り(「・ω・)「

エゴマってすごんですよ~ 根きり虫にぽっきり折られても、倒れた茎から根が生えるというたくましさ。農薬や肥料も使わないで育てる在来種なので過酷な環境でも強いです。小さい苗の頃は夕方になるとぺたんと葉を折りたたんでかわいいですし。

以下写真。
田子町つっちーブログ20160609_001
たまに性格がモロにでて曲がりくねりも^^;
田子町つっちーブログ20160609_003
田子町つっちーブログ20160609_002
今朝は雨が降ったので比較的元気です。良い感じ。この曲がっているのも、植えたぼくの性格でしょうか(茎が曲がっているだけです)

にんにくはというと……
田子町つっちーブログ20160609_004
田子町つっちーブログ20160609_006
田子町つっちーブログ20160609_005
( ノД`)アチャー とうが出まくっているよ……
摘まなきゃ摘まなきゃ……
このくるんと出たのを取らないと上に栄養が行ってしまうんですね~にんにくを大きくするにはひとつひとつ取らないといけません。
ちなみにとうは食べられます。うまいです。

増やして植えたにんにくは肥料が不足で小さいのですが、これも勉強仕方ない(追肥という手もありますが。。。)
病気についてもまだまだ詳しく分かりませんが、育てて覚えていくしかないですね。

それ以外にも新しい秘密兵器(?)的な作物も今年試験的に植えれればなーというかやってみる予定。さあなんだろー???
うーんどうなるかこうなるかはまだ分かりません。。。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

山頂のつつじは今が見頃です!(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

農繁期ですねぇ。農作業をしていると鼻の下を刺されてかゆいです( ノД`)
現在大黒森山頂のつつじは満開です。
先日観光協会のにっしーさんと見て参りました。

田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160607_007
大黒森神社脇から山頂へ続く道。

田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160607_009
山頂の様子

田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160607_010
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160607_008
山頂の幟を直すにっしーさん

6月5日は茅葺民家でアコースティックライブが開催されました!
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160607-2_004
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160607-2_002
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160607-2_003
ミウラコウジさんとmeguさん。

ミウラコウジさんが歌い、meguさんは演奏。後半にmeguさんは歌いました~
アコーステックライブは茅葺民家に合っていますね!

田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160607-2_005
レゲエ調の独特な世界観を有する西塚篤史さん

この後は清水頭小学校の運動会に行きましたので途中で抜けてしまいましたが、盛り上がったのではないでしょうか(≧∀≦)

田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160607-2_001
お掃除したかいがありましたよ!


田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160607_006
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160607_005

その後はじゅね(えごま)植え。一向に終わる気配なし……(T_T)
最初のほうは「あ、ずれた……」というかんじで盛大な放物線を描く始末。
昨年はマルチ張っていたので、きれいに仕上がりましたけど。。。
今年は植える量も多いしぼちぼちやるしかありませんねー(草が生えてきそうだよ)
あ、にんにくのとう摘みもしないといけない。農作業がなかなかの忙しさなのです|ω・`)
一反くらいでひーひー言ってちゃだめですが、合間合間にやるというのはなかなか進みにくいものです。

秘密の実験的作物も種を注文したのでそれもやっていかないと……
しかし雨が少なく、気温も昨年より朝晩寒い感じ。成長しづらいところに日中太陽が照りつけるものですから
じゅねの状態も心配です。ちゃんと育つのやら……

と、ぼやきになってしまいましたが、つつじまつりは19日まで。是非大黒森山頂のヤマツツジ観賞してくださいね!
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

脱脂エゴマ粉末を八戸ラピアのイベントで販売しました~

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
田子町地域おこし協力隊ウェアporo
協力隊のポロシャツ、ジャンバー、つなぎが支給されました.゚+.(・∀・)゚+.
これを着て、他町村のイベントで町をアピールしたいですね!

★まずはイベントのお知らせ★
田子町の三大イベントのひとつである『田子にんにく収穫祭』が今月18日、19日に開催されます。
これについての無料シャトルバスなど、収穫祭の情報は
コチラ↓
2016年度「第5回田子にんにく収穫祭」は18日、19日開催!!

つっちーえごま
エゴマの育ってきました。もう準備OKの状態。今週末はつつじまつりありますが、そのあたりからエゴマを植えていきたいところ。

葉が伸びてびっちり詰まっているから、きっちきち。畑に植え替えしてあげたいなあ~

田子町つっちーブログ20160602_003
今回の八戸ラピアの『田子町物産フェア』で販売した「脱脂エゴマ粉末 じゅねっ粉」

今回、ラピアの物産フェアでは声だしと写真&動画撮影。お客様の入りも良く、日曜日の午後には各店の品物ほとんどが品切れに! しかし、動画は来場のお客様にインタビューすれば良かったと後悔。ケーブルテレビのニュースで出るのに良いものにすべきでした><
ぼくの育てたエゴマの脱脂粉末「じゅねっ粉」も完売。皆様本当にありがとうございました~(≧∀≦)

八戸ラピア田子町物産フェアのようす田子町つっちーブログ20160602_010
上から。八戸ラピアの催事場は吹き抜けなので雰囲気が良いのです!

田子町つっちーブログ20160602_004
農協田子直販部会
新鮮な野菜、旬の山菜をメインに展開。黒にんにくや串餅も。

田子町つっちーブログ20160602_002
大健木工
木工の家具など。木工品に半田ごてで絵を描く体験もあり。

田子町つっちーブログ20160602_009
肉の博明
会場で揚げたコロッケ、メンチカツを販売。速やかに完売。

田子町つっちーブログ20160602_006
産直たっこや
山菜、おでん、田楽、串餅のほかに田子町産の食材を使った加工品、リンゴジュース、ブルーベリージュース、酒まんじゅうなど。ぼくの脱脂エゴマ粉末も販売してもらいました!

田子町つっちーブログ20160602_005
串餅。農協さんと産直たっこやさんで販売。土日共に完売。串餅は人気ですね!

田子町つっちーブログ20160602_008
安定のたっこ王子。子供たちや女子高校生が集まっていました。

田子町つっちーブログ20160602_011
2016’ガーリックレディ。子供たちに風船配りや抽選会などとても助かりました。2日間おつかれさまでした!!

その他、昨年のガーリックレディさんやスタッフの皆さまおつかれさまでした~
ご来場いただいたお客さま本当にありがとうございます!!
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

《6月17日更新》「第5回田子にんにく収穫祭」は18日、19日開催!!

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
(6月17日)田子にんにく収穫祭のシャトルバスについての追記を致しました。

にんにく収穫祭ポスター

◆田子にんにく収穫祭
田子にんにく収穫祭が6月18日、19日開催します!
場所は昨年と同じ「田子町農山村広場」と「関所の茶屋」(関所の茶屋は19日のみ)
時間は10:00~15:00まで。
にんにく掘り取り体験は10株2000円です(掘り取り体験の時間は10:30~15:00)。

今年も無料シャトルバスが八戸から出発します!
田子にんにく収穫祭の追記
無料シャトルバス予約状況(6月17日現在)
6月18日 × 
6月19日 × 
申し訳ございません。ご予約を締め切りました!
また、道路の状況やバスの運行状況により時間は前後致しますが、大まかなシャトルバスで収穫祭を楽しむ場合の予定時間も。※到着、出発時間は変わる場合があります、あくまで目安として見て下さいね。
※コースになっています。(田子町の名所みろく滝とガーリックセンターへ寄ります)
みろくの滝(秋)
みろくの滝(コースに含まれている観光地。みろくの滝は夏涼しく、風光明媚な景観を楽しめます)
※19日は関所の茶屋会場へも寄ります。→農山村広場とは違った出店があります。是非こちらもお楽しみください!

6月18日(土)
9:00八戸市庁発→9:30八戸駅西口→10:30田子町農山村広場着
13:00農山村広場発→13:20みろくの滝→14:20ガーリックセンター→16:00八戸着予定


6月19日(日)
9:00八戸市庁発→9:30八戸駅西口→10:30田子町農山村広場(田子会場)
12:30農山村広場発→12:50関所の茶屋(関会場)→13:50関会場を出発してみろくの滝へ。
14:30みろくの滝発→14:50ガーリックセンター→17:00八戸着予定


お申し込みは下記へ
田子町役場産業振興課商工振興グループ0179-20-7114

にんにく収穫祭のたっこ王子001
まさに王子の季節ですね~!!

◆チャレンジデー
先日のチャレンジデーも田子町初勝利しました!!
参加率は75.1%
笹川スポーツ財団「チャレンジデー2016」のページをご覧になりますと詳しく分かります。

以下は様子です。
振分親方が来たのは大きいですね~勝利に直結するものだったのではないでしょうか。司会のにっしーさんおつかれさまでした!(写真無くすみません汗)

チャレンジデー001
チャレンジデー002
チャレンジデー003
チャレンジデー004

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)