つつじ咲く頃の田子町。町には隠れたスポットがいっぱい!

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

最近は依頼された動画作成やフォトコンテストの準備(急がねば…)農作業やエゴマ関連の加工品などなど……
なかなか遅れることも多い状況( ノД`)
振り回されることが多いのは何でもやりたくなるからですが^^; 

さて、来月6月4日にはつつじまつりが開催されます。
ヤマツツジが町の花であることからご存知のように大黒森には広大なヤマツツジの群生地があります。
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160526_006
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160526_007
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160526_008
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160526_009
これはヤマツツジではなくレンゲツツジのようです。山頂はヤマツツジが咲いています。
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160526_004
黄色も素敵ですね!

このレンゲツツジは山頂からかなり下のほうに植樹され管理されてきました。大黒森の山頂に咲くヤマツツジまで続いているのです!!
先日、ここのつつじを以前管理していた方に案内してもらいました。
管理していた頃から10年の歳月が流れ、ツツジが弱っているのに心を痛めている様子でした。

山頂付近は雑草の刈り払いが進み、散策路が確保されています。
ただ、つつじまつりの期間前に、丁度今頃開花。

つつじを楽しむ場合はまつりの序盤がオススメですね!!

それにしてもこれほどツツジがあるとは協力隊活動1年半過ぎてやっと気付きました。
このように町には多くの資源がまだまだあります。
ドコノ森も探索しないといけません。

そしてやっと行けた~
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160526_005
創遊村を見下ろすあずまや

案内してもらえて感無量ヽ(≧∀≦)ノ
早速アドベンチャーマップに追加だ~!!!
また昨日このような土器の取っ手部分を見せて頂きました↓
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160526_003
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160526_002
土器の破片。後ろの写真はイメージでこの土器のものではありません。

野面平遺跡からの出土だそう。この遺跡は土偶も出土した場所です。
田子町の歴史を綴った書物「じゅずかけ」によれば、縄文時代中期のものとのこと。
田子町では縄文の遺跡だけでなく、ストーンサークルも2つほどありました。
大福山の田子中学校付近と関地区に。
大福山
大福山のストーンサークルがあったと思しき場所の近く。
見た方の話ですと、この山の斜面の平らになった場所にあったとのこと。この石のベンチは探したときにあったもの。草が生えている場所にいきなりありました~(ストーンサークルとは関連なさそうですが)
現在もあるかは定かではありません。しかし、草がない時期にもう一度散策してみたいですね。

関については現在はその痕跡すらもありません。
そしてこの山
田子町地域おこし協力隊つっちーのブログ20160526_001
夏坂近くの山

この奥には近くにあった不老倉鉱山跡の支山の坑道があったということ(現在は塞がっているかもしれません)
それとこの山のピラミッド型。

鹿角市にもストーンサークルがあり、ピラミッド型の山が近くにそびえています。鹿角市は田子町のお隣の市です。
この一帯は同じ信仰があったのかもしれません。
またドコノ森の線刻石など、信仰の片鱗があちらこちらに見られます。
どうしても小さい町ですから、そういった研究は頓挫するのが常ですが、今も関のストーンサークルが残ってくれていたらと思う気持ちで一杯です。

統廃合された小学校なども残すことが難しいので壊されていきます。(これは田子町だけでとは言えません)田子町には唯一水亦分校の小さな木造校舎が生活館として残っています。
現状世の中には様々な法律でがんじがらめで危険ばかりを叫ぶ風潮があり、本当の楽しみや憩いや過去を回想して思いを馳せることも難しい時代になりました。そういう中で地方は地方にある財産の活用をどのようにすべきか悩んでいます。
なかなかひとつのものに邁進するのは難しい部分もありますが、そういったものを大切に保存していければと思いますね~まあ協力隊終了後の事業計画をはっきりさせていかないといけないですが、まずは目の前のフォトコン関係とエゴマの栽培振興を頑張らなければ~͞͞(๑`・ω・´);
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

田子ガーリックステーキごはん5000食突破!!

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

田子ガーリックステーキごはんがデビューからわずか56日目で販売累計5,000食を突破いたしました!
本日昼には、「5,000食突破セレモニー」が提供店舗の勇鮨で行われ、その模様が夕方のRABニュースレーダーで放映されます。
以前ブログで取り上げた田子ガーリックステーキごはんの情報
田子町地域おこし協力隊つっちー20160523_006
「5,000食突破セレモニー」でインタビューを受ける佐藤剛大さん(場所:勇鮨)

セレモニーでは田子町長より5000食突破のお客様に感謝状とアベドリ(田子町産の鶏肉)が手渡されました。

本日夕方のRABニュースレーダーで放映されますよ!
5/23(月)18:15~19:00
    RAB ニュースレーダー  
    「ガリステごはん5,000食突破セレモニー」

田子町地域おこし協力隊つっちー20160523_003
田子町地域おこし協力隊つっちー20160523_002
田子町地域おこし協力隊つっちー20160523_001

さらに明日はみろくの滝も。
田子町地域おこし協力隊つっちー20160523_004
みろくの滝

5/24(火)18:15~19:00
    RAB ニュースレーダー
    「みろくの滝」
RAB青森放送さまありがとうございます!
観光協会にっしーさんが出ますのでヨロシクです^^

にっしーさんのブログも面白いですよ~
牛脂ローソク爆誕!!

つつじまつりは来月の6月4日から。にっしーさんが現在準備に奔走しております。
つつじはまだ咲いていません。丁度まつりの時期に見れる気がします。(最近は暑いので早まる可能性ありますが)つつじが見れなくともタプコプ創遊村で茅葺民家にてアコースティックライブもあります。
ぜひ田子町に来てください!!



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

自然を愉しむ季節になりました。(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

田子町といえばここ↓
地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_001
地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_005
みろくの滝

車から降りて5~10分ほどで滝まで来れるので観光しやすくまた、遊歩道も管理されています。気軽に自然を楽しめる場所です。
毎年沢山の方が滝に訪れます。
場所は以下をご覧下さい↓
田子町アドヴェンチャーマップ

アドベンチャーマップのみろくの滝の写真が増えていました。アップして頂いた方がいらっしゃってとても嬉しいです!
この場を借りてお礼申し上げます。

地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_002
地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_003
地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_004
滝の周辺。ゆっくり散策もできます。お手洗いは管理棟にありますよ(^∇^)

本当に新緑が美しく、出かけやすい季節になりました!
5月ごろは蜂も少ないので、山にも出歩きやすいです。
暑い時期は涼しくて気持ち良いです^^
ただ、渓流などのきれいな水の周辺にはヤブカやブユなどがいる場合あるので、虫除けスプレーがあると良いですよ。

おすすめの虫除けはディート成分が12%あるもの。ムシペールαはディート成分12%のものなので例として挙げました。
お肌の弱い方はディート成分の無いものが良いかも知れませんが、長い効果の持続と日本で認められている許容量一杯の12%のものを使用するようにしています。ぼくは肌はそれほど強くないほうですが、全身につけても特に異常は見られません。
刺されるとそれだけで大変ですし、藪などはマダニなどもいますので、できるだけ刺されたくないですね。農作業のときにも使用しています。
サンダルではなく靴、帽子は着用したほうが良いですね(基本でスミマセン)

地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_009
地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_008
青比良水系水源かん養林付近の渓流

山の渓流にも行きやすく、緑を楽しむのにうってつけですね!
安全とマナーを守りながら山歩きや清流をお楽しみ下さい^^

それと、6月4日~19日まで、つつじまつりが開催されます!
大黒森つつじまつり
田子町観光協会HPに詳しい情報がありますので、そちらを是非ご覧下さい!!

下のほうにフォトコンテスト開催とあります。コンテスト今年も開催しますので宜しくお願いします~!!
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

脱脂エゴマ粉末を作成。あとはラベルかな。

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
最近facebookの調子悪くないですか? 自分だけかな???
この時期の写真上げていましたが、タイトルと離れた内容になるので下に移動しました。
更新がんばらなきゃなー

エゴマの青空教室から約1週間あまり。現状の圃場の様子を確認。
田子町地域おこし協力隊つっちー20160518_007
まだ芽は出ていませんでした。あと、看板たてておきましたよ。

種がちゃんと育つかどうかの確認で早めに植えた、わが庭のエゴマはというと。
田子町地域おこし協力隊つっちー20160518_008
これで大体2週間くらいの状態。

定植までやはり、1ヵ月くらいは必要でしょう。
種が小さいので最初は時間かかりますね。7月ごろからぐんぐん伸びていきます。
8月の終わりにはあんなに小さな種だったのに…と驚くばかりになります。

最近は搾油したエゴマの活用を考えており、粉末にしてみました。
こんな感じです。
どうしても、写真にすると土気色になるので(どうしてもコントラストや適正露出を気にするゆえ)
少々明るめに撮ったところ、品物の色に近づきました。でも、ちょっと明るすぎたかな。。。見づらい。
田子町地域おこし協力隊つっちー20160518_009
田子町地域おこし協力隊つっちー20160518_002
「たべれません」が埋まっておりますw
脱気もしっかりしており、これは商品としていけそうな気がします。エゴマ油よりもずっとずっと低価格にて供給ができるのがうれしい。アレルギー対策の商品はどんどん作っていきたいところ。(自分もややアレルギーありますんで)
用途としてはパウダーなのであらゆるものに使えます。エゴマ好きな方は何にでも入れることができるようになります。
天ぷらの衣やパンなどに練りこんでも良いですし様々な活用法があります。お塩と混ぜてエゴマ塩を作るのも良いですね!
そのままでもほのかな甘みがありますので楽しみです。

まあ、ラベルもまだなので紹介はこのくらいにしておきます。

ところで、メマツヨイグサを探しているのです。メマツヨイグサの群生情報や種子をお持ちの方や栽培されたことのある方、是非教えて頂きたいと思います。
メマツヨイグサは要注意外来生物です(笑)
ちなみに身体に良いとされるキクイモも要注意外来生物です。
このように要注意外来生物にも人間の健康に驚くべきプラスの作用があるものがあります。同指定は、外来生物法に基づく飼養等の規制が課されるものではないが、これらの外来生物が生態系に悪影響を及ぼす可能性があると適切な取り扱いについての理解を求めるもの。
単純な解釈をすれば、「繁殖力が強い、勝手に増えるから困ってます」ということでしょう。
こういうのを活用していけば楽しいですね。個人的にはどんどん増えても良い。活用したいから。
個人的にはルリジサ(ボリジ)のほうが花の色は好きで種も入手しやすいですが、有効活用の観点からメマツイグサですね。
メマツヨイグサ、密かに追っていこうと思います。

話は変わりますが、来月からつつじまつりを町でやりますので田子町の一大群生地である大黒森に行ってきました。
田子町地域おこし協力隊つっちー20160518_005
大黒森からの景色。

田子町地域おこし協力隊つっちー20160518_006
町のほうは咲いていますが、山頂はやはりまだでしたね。

田子町地域おこし協力隊つっちー20160518_004
3時のラジオ体操をしようとする観光協会のにっしーさん

開花は来週あたりかな???

田子町地域おこし協力隊つっちー20160518_003
今日の写真は青森県横浜町の菜の花畑です!
さすがですね! 菜の花フォトコンも出してみるかな~。まさかりフォトコンテストも対象の地域ですね~
ちなみに鯵ヶ沢町も岩木山を臨む菜の花がきれいですよo(≧ω≦)o
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

エゴマの青空栽培教室が開催されました!

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
いよいよというか今年もエゴマの栽培がはじまります。
エゴマ苗
昨年のエゴマの苗

今年は暑かったのでもう少し早めに準備できたかもしれませんが、昨年よりは早めに動いております。
ただ、一気に増やすのは現状は難しいかもしれないですが、昨年よりも沢山作れるように頑張ります。
ニンニクのほうは若干心配な感じ。

それにしても風薫る季節です。田子町は日中暑いですが、朝晩は冷え込んでおります。
女王蜂が飛び交い将来の愛の巣を探しているようですが、申し訳ない。断念して頂いております。
……しかし、
屋根と壁に隙間があり、その中にモンスズメバチっぽいのが入っていくのを目撃。
大家さんに話をして隙間を埋めて欲しいとお願いして快くOKとなりました。
家は古くとも、良くして下さっているので大変ありがたい。現在は蜂が巣を作らないように
これを散布↓

たまたま見つけた営巣中のアシナガバチさんにひと吹き。で、即効ダウン。申し訳ない。
アシナガさんはとくに放置していても(スズメバチも場所が場所なら……)構わないのですが、
家の正面は困る。正面の家に小さい子供さんがいるので( ノД`)
昨年は問題ない場所は見逃してあげましたが、場所が残念なところだと念のため駆除しないといけないですね。

では本題に。

青空教室001
ざっくばらんに作った青空教室の案内。

以前から結構「ジュネ(エゴマ)を植えてみたい」という声を耳にしていたので、やりましょうやりましょうと推し進めました。
青空とは名ばかりの曇り空でしたが、雨は午前中降らず助かりました(´ω`人)
今回は約30名ほどの方が集まりました!!
その他にも来れなかった方がいらっしゃったので、資料をお届けしましたよ(^-^)

やはりあれですね。
作物を育てるという経験ははじめてだったので、エゴマを刈るときにかわいそうでかわいそうで
エゴマにこのように約束していたのです。←なんとも変な表現ですがw
「一生懸命育ってくれてありがとう。来年はきみたちの子孫が増えるようにがんばる!」と。
だから、たくさんの人に植えてもらえると嬉しいのです~!

青空教室002

で、決行。今年4月にジュネ栽培連絡協議会が発足。中央が「みやむ~のにんにく。」でおなじみの宮村さん。非常に今後が楽しみですヽ(≧∀≦)ノ
協議会ができて田子のジュネはどうなっていくのでしょうね!

以下写真で。
青空教室004

今回はジュネ・ファームの栽培指導をする、坂上實さんが講師。
昨年の栽培はジュネ・ファーム及び坂上さんに大変お世話になりました。現在もなっております!

青空教室003

田子町ケーブルTVさんにも取材してもらいました~!!

青空教室005
青空教室006
青空教室008
青空教室007
お孫さんも。皆さんにあげたい写真が沢山あります。

みんなで実際に播種(はしゅ)をしながら覚えました。

1.まずはステンレスの園芸用ふるいで細かい土にして種をまく場所の土をやわらかくします。


2.種を薄くまいてゆきます。
3.再び、ふるいで細かい土をかけます。種が見えなくなるまでです。
4.最後に土を平にします。
※これをやらないと鳥さんの餌になったり、風で飛んで行ったりしますよ~

大体1ヵ月後に苗になったエゴマを定植していきます。

今年は沢山の方が植えるそうです。楽しみですね^^

先日、弘前に研修に行って参りました。これについて書ければと思っていますが、朝散歩した写真でも。
りんごの花
弘前の研修で宿泊した宿「星と森のロマントピア 星の宿白鳥座」にぽつんとあったりんごの花

写真は下に引っ込めましたw
関係ないものはできるだけ出さないほうが良いですね。気をつけよう……
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

名刺管理アプリを使いたくないとか、現状の活動をさっと

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

004.jpg
今日は軽米町のフォリストパークのチューリップ(風車バックの写真は人が写っているのでこれで)

美しい季節になりました。今年は梅雨が長引くかもしれないという気候の予測が出ていますが、
人たる身は天の意向と自然の機嫌はどうすることもできません。
熊本の大地震やカナダの林野火災、メキシコなどの噴火などなど。
まあ陰謀論的に言うと、最近は気象兵器もあるらしい(?)のでどうか分かりませんが。

皆さまは名刺管理アプリをご使用されていますか?
ぼくは使っていません。正直、名刺の数が膨大でデータにできたらどんなに楽かと思わないことは無いのですが、
現状は導入しておりません。
個人的にはfacebook、twitter(最近スマホに入っているアプリの調子おかしい)、ブログに実名とともに白日の下に晒しているわけですが、それは自らが行っていること。

ところが、名刺管理アプリは本人ではなく管理アプリを利用している方によって名刺の人が情報として世に出るわけです。
便利です。自分が名刺管理アプリを使っていなくとも、使っている人を否定するわけではありません。商売は捗るでしょう。
でも、個人的に自分の意志でないのに情報が出て行くのがどうしても抵抗があるのです。
そう、自分に抵抗があるだけ。使っている人がどうのではなく。

このように書くと、何でそんなこと言うんだよおまえは? と言われるかも(´・Д・)
それは、この時代に対する反抗精神ゆえ、協力隊という、グローバリズムで生きるに不器用な道を選んだ自分ゆえ。
便利な裏側に非常に敏感でときにそれが本当に必要で大事か考えさせられるからです。
※今日は「に」という助詞が多いなあ(独り言)

名刺管理アプリはとても便利だと思いませんか?
名刺の名前、商号、部署、住所、電話番号、メールアドレスなどの区分けされたデータは一体誰が入力しているのかと思いません? (最近はほとんどの人が知っていると思いますが)。
オペレーターが手入力と聞くが、アプリの会社の社員が入力できるわけもなし。というのも、人件費がかさむ。このグローバル経済の時代に(パナマ文書の名が世の目に触れるように!)名刺の文字を入力するために社会に保障された社員はおろか、パートなどとうてい無理かと。高いお金を作業する人に払えない、、、うはずがない。
なぜなら、利用者は無料なのです。

言うまでもなく、
入力はすべて下請けがやっているのです。
どんな下請けかというと……代表的なものは副業的なネットサイト。
サイトに登録した不特定多数の人が、名前や電話番号がランダムに出てくるものを打ち込んでいく。とても地道な作業です。
実際にこれは出来高になりますが、空いている時間にキーボードを叩くものなので単価が非常に安い。
名刺管理アプリ会社→副業系サイト→サイト登録者と言う流れでしょうか。
名刺自体の本人が望む望むぬに関わらず、情報は流れていくわけです。
これはひとつの需要が成り立っているものなので、否定はしませんがどうしても個人的には心につかえ、利用しない理由となっています。
特定の一部が搾取するような構図であると分かるとそれに迎合する気持ちが失せてしまいます。それを言ったらfacebookなどもそうですが、必要であり自分で出す情報の抑制がまだ効くので利用しています。

以前はLineなども利用しないことにしていましたが、やはり必要に駆られて使っています。名刺管理アプリもSNS的な側面を帯びていますので、やむを得ずという状況になるかもしれませんが、できるだけ使わないで管理をしていきたいと思います。

このような話も自分の活動とは関係ないようで、根底には世の中の状況と関わってくるものなので考え方には関係あるものでもあります。

最近は電話による特殊詐欺も多いようです。
役所を騙り、払いすぎた金を戻すというような、メディアで露出した情報を巧妙に細工し罠に仕立て上げたもの。
しかし基本は変わりません。オレオレの亜種の亜種というようなもの。
そのような電話は警察に通報しましよう。最近は被害を予防するための携帯やスマホのアプリがあります。被害がなくても、電話がかかってきたらすぐ警察などに知らせましょう。
そしてぼくは電話をしている人が気にかかる。よく、40代くらいの物腰の良い人からかかってくると聞きます。
40代くらいのその人たちは他に仕事がないのでしょうか。ぼくはそれが悲しい。本当に人を騙す仕事を喜んでやっているのだろうか?
実際ぼくは電話きたことないので、知りません。でも、人を騙すことは本当に幸せなのでしょうか?
妻子がいるのでしょうか? 借金をカタに奴隷同然の状況にされているのでしょうか?
そんなことをしないと生活できないと考える人が出てくるこの時代がとても残念になる。
「生きることは容易ではない」
生命が誕生するとき、精子が卵子に入る受精、そのときに卵子は光を発するそうです。
望む生でなくとも生まれ出ずるときに、祝福されている。
どれほどにも辛い人生が待ち受けていようとも、祝福されている。
自分はそれだけを忘れて生きたくはない。

◆現状の活動
本日はエゴマ栽培の青空教室を開催しました。またこれについては詳しく書こうと思います。
フォトコンテストのほうは前回の処理の積み残しと、入賞作品を切手シートにすべくデザインを考えています。次も開催するのですが、遅れていまして申し訳ございません。
また、スマホのtwitterアプリの調子が悪く若干遠のきぎみです(。-_-。)
アプリを消したら直るのかな……とりあえず、フォロー返ししないと……
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)