たっこにんにくまつりいよいよ明日からです!(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです!

第9回のたっこにんにくまつりいよいよ明日です^^

第9回~2

昨年の様子2015にんにくまつり003
昨年は大変大勢のお客様でにぎわいました~
今年はたっこ王子の誕生日のお祝いもありますよ^^

2015にんにくまつり002
みやむ~のにんにくでおなじみの宮村さんのブース。昨年ペペロンチーノが食べられなかった方は是非!!

2015にんにくまつり001
しおてば。あーこれ今年こそはッ!

2015にんにくまつり004
今年のガーリックレディは一体誰に決まるのでしょうか?!

それから、フォトコンテストの表彰式もあります。本日まで準備を進めます。宜しくお願いします!
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

田子にんにくツーリズム

田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
2016年2月22日に『田子にんにくツーリズム』というモニターツアーが開催されましたー!

ニンツーポスター0205訂正分

このイベントは田子町の人が半年前から意見を出し合って作り上げたツアーで
①まちあるき→②にんにくみそ作り体験→③にんにく足湯体験という3つのメインイベントの中にたくさんのにんにくの町たっこならではの内容が盛り込まれています。

ぼくは案内チラシとにんにく足湯を担当いたしました。
足湯のお湯を沸かしながら、時間を見て撮ってきたものですが当日の様子を見ていきましょう。

田子にんにくツーリズム_006
当日の朝。世界初のにんにく足湯準備

田子にんにくツーリズム_003
まちあるきの様子

田子にんにくツーリズム_007
田子にんにくツーリズム_009
にんにく首都田子町ガーリックセンターです。

田子にんにくツーリズム_013
田子にんにくツーリズム_004
にんにくみそ作り体験

にんにくみそを作って、焼おにぎり、つつけをみんなで食べます。

田子にんにくツーリズム_015
田子にんにくツーリズム_016
田子にんにくツーリズム_005
二戸市地域おこし協力隊も来てくれました^^

お待ちかね足湯です!
田子にんにくツーリズム_001
田子にんにくツーリズム_018
足湯も好評でした!

まちあるき係の方が足湯の間紙芝居もあってゆっくりとくつろいでもらえました!

もちろん、これから改善すべき点もありますが、その辺りは今後どう扱いますかね~
ガーリックセンターなどのまちのお店などに置いても良いと思うのですが。

地方のツーリズムについていつも思うのですが、どう扱うか、どれだけPRできるかなのです。
ツアーをやるにしても、マンパワーが必要。収益があがるか、手間賃とか人の時間は貴重であり、ただ無償奉仕ではダメですね。
生きる時間と言うのは田子町の水のようにコンコンと湧いてくる水のように潤沢ではないのです。
その辺りをどう考えていくかが大事です。
さりとて無理となるととても勿体無いので、足湯やまちあるきなどをうまく町の観光に活用すべきですし、ほかにも足湯だけ活用することはできます。足湯は気軽に誰でも用意できて、どこでもできますから。やりたい人がさっと使える。それが強みです^^

田子にんにくツーリズム_019
最後に2時29分にタッコーラを飲んで〆

お知らせ①
第9回~2
第9回~1
まずはにんにくまつり。2月27日(土)
場所は田子町農業者トレーニングセンター
ガーリックレディコンテスト募集中です!!
フォトコンテストの表彰式は午後2時からです。
今、開発中のドレッシングの試食もできます~
(ぼくも試食ドレッシングあります10時半~11時半までぼくのはやっています)
お知らせ②
panfu03.jpg
おかげさまでえごま油ほぼほぼ完売です。次は今年の冬でしょうか……

それではまたノシ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スノーフェスタ2016(青森県田子町)2月20日更新

田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

2016年2月20日更新
2月13日、14日と非常に暖かい日が続き、スキー場の積雪は15センチほどとなっておりましたが、本日2月20日現在は積雪20センチ。一部滑走可能となっております!

詳しくはこちらをご覧下さい↓
創遊村229スキーランドのfacebookページ

2月17日 午前11時現在は雪が降っております。スキー場に雪が積もって再開すると良いですね。自分の家の周りはあまり降って欲しくないですが^^;
2月19日
本日は天気が良く、雪が解けています。スキー場のためにも雪が降ってほしいところですね。


2月11日に田子町創遊村229スキーランドでスノーフェスタ2016が開催されました。
今年は雪が少なく、スキー場の営業は1月21日から始まりました。積雪70センチを超えてなんとかオープンして、
イベントも無事開催されました!
sunofesu001.jpg

この地域の子供たちにとってスキー場は大事な場所です。冬場のスポーツは田子町ですとスキーやスノーボードです。おそらく田子町に住む大半の人たちはスキーができるのではないかと思いますね。

本日の積雪は45センチ。前面滑走可能の状態でした。しかし午後4時の時点で6度と気温高くないですか?w 
明日も暖かいらしいですが。

で、まずは花火の写真。。。

2016年スノーフェスタ_005
ゲレンデの中腹から撮影。

花火の写真というと長い放物線を描くものが写真として一般的ですが、あえてこういう撮り方ですw
写真を知っている方は「なっちゃない」と言うかもしれません。フィルター(しかもゴースト出やすいクロスフィルター)は付けているわ、シャッターバルブしてないわ、F値をきりりと絞ってないわでセオリーというのに反しています。

もちろん放物線も好きなのですが、ちょっと違った花火はどうかな? と思い(笑)
まあ放物線系のほうが夜空に色がついてよかったかもしれませんね。。。手持ちの上にマニュアルでいちいち修正したりでこの方が面倒くさいかもー。

まあ、花火の言い訳(爆)は良しとしてスノフェスの写真アップしますよ~
来れなかった方見てください。枚数多いので何日かアップしていくかもです。

2016年スノーフェスタ_001
スポネットたっこの皆さんで

2016年スノーフェスタ_002
文字通り大なにっしーさん→ブログが面白いですw

2016年スノーフェスタ_003
かっこええ!

写真撮りながらふらふらしているときに良く訊かれた質問。
Q:「滑らないの?」
A:「滑れないんです」

2016年スノーフェスタ_004
ゲレンデのすごい笑顔

2016年スノーフェスタ_018
滑りたいだろうに滑らずがんばっていたひと。

2016年スノーフェスタ_027
八戸学院短期大学の堤ゼミの女子短大生の皆さま。いつもイベントに来てくださってありがとうございます!

2016年スノーフェスタ_023
スノボレッスン2時間無料!! イベントの特典ですね~

2016年スノーフェスタ_029
五戸町地域おこし協力隊の鳥谷部さん。いつもニッコリ^^

2016年スノーフェスタ_046
宝探し。滑るだけではない楽しさに子供たちも元気いっぱい。

2016年スノーフェスタ_055
ガーリックレディの赤石美友さんも駆けつけてくれました!

2016年スノーフェスタ_058
宝探しのプレゼント交換。子供たちが前へ乗り出しますね^^

2016年スノーフェスタ_059
滑り台?!

すたんぷ001

ここで宣伝~
町外の方のみですが、実はスタンプラリーというのをやっています。
7つのイベントでスタンプをもらって応募すると抽選で5000円相当の田子牛が当たります!!
6つ以上で4000円分相当の品、5つ以上で3000円相当の品。
来年のにんにくまつりまで。是非是非!! なかなか7つは難しいので集めた人は当たる確立高いかも?!

今日はこれくらいにしておきます~
また時間見て写真アップしますね^^
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

えごま油が大変な人気ですね!(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

2017年2月9日:googleから???の警告。
安全でないパスワード収集というワードで警告がきましたが、パスワード情報を収集したりするページではありません。
とりあえず、リンクの部分がありましたのでそこを外します。


12688320_922268831214691_6978645271312676139_n.jpg

先月末にえごま油の話題がTVで2つありました。
・3割しかα-リノレン酸が入っていないえごま油が出回っていた。
・えごま油でしみが消えるというテレビで、えごま油は健康という側面に加え、美容にも良いという評判になった。

非常にえごま油にとって追い風でしょう。ええ、かなりの追い風でした!

青森県南部町の藤田酒店さん(青森県 三戸郡南部町 大字福田字町中12 0178-84-2007)でもお取り扱い頂き、好評とのことです。

IMG_3318.jpg
藤田酒店(青森県南部町)

在庫もほぼ底をつく状態です。産直たっこやさんでも取り置きが多く、えごま油が大変注目されています。

こうなってくると、国産のものはまた消えるでしょう。できるだけ国産のものを提供したい思いでしたが、やはり足りなくなってしまいました。

活動はうまくいっているかのように見えますが、問題点やこれから改善すべき点もあります。品質は問題ありません、しかし、量が不足していることが問題です。十分に供給できる状態に持っていかないといけません。せっかく再熱しはじめた田子町のえごま栽培をますます盛り上げなくてはなりません。
もちろんそれ以外にも不安要素はあります。どんなことも順風満帆とはいきませんね。必ず、壁が生まれます。ましてやこのように売れに売れる状況では当然なのです。

今日は遅い時間にアップになりましたのでこのくらいにしますが、次回はえごま油についての話と使い方についてお話したいと思います。

追記:田子町はにんにくのブランド商標を持っています。にんにくの町、田子です。今回、田子町観光協会の主催で『にんにくツーリズム』という町内ツアーを開催します。
とくに『にんにく足湯』は開発者として体験してもらいたいですね! ぽっかぽかに身体が温まって、足も臭くなりません。是非、この機会に体験してもらいたいなあと思ってます^^

えごま油で忙しい状況で突貫作業となりましたが、チラシを作成しました。どうぞ宜しくお願い致します。
ニンツーポスター0205訂正分

それではノシ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

最近のえごま油の話題―3割α-リノレン酸

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
早い、もう2月だ。年が明けた実感すらないのに。。。

いまさらの先月1月28日ですが、えごま油のニュースやっていましたね。
3割しかα-リノレン酸が入っていないというものです。
α-リノレン酸はえごま油の重要な成分で必須脂肪酸です。大体55%~65%の割合で含まれています。
この3割えごま油は通常のえごま油の倍以上のリノール酸含有量でした。
リノール酸も必須脂肪酸ですが、通常の家庭で使われているサラダ油(なたね油)、大豆油、ごま油、紅花油などに多く含まれており、摂取過多となっています。
実際のところ、ご飯2杯で1日に必要なリノール酸はまかなえるとのこと。しかし通常はてんぷらや揚げ物などで過剰に摂取しますので間に合っています。
よく、えごま油がダイエットの油と言われたりしますが、もしもこの3割えごま油を摂取していたとすると、リノール酸の摂りすぎになってしまい逆効果ですね^^;

※『えごま油 調査』とグーグル先生に打ち込むと、トップの『国民生活センターのHPから数値を確認することができます。

商品自体は中国産でした。しかし、ただ中国産が悪いと言っている訳ではありません。中国産えごま油でもα-リノレン酸は基準値通りに含まれています。
商品を販売していたお店はさまざまえごま油を扱っているようなので、意図したわけではないでしょう。ただ、搾油や瓶詰めをどの国のどこでやったかというのはありますし、売る側も商品のことをよく知っていないと、消費者を騙すことになります。

ぼくの場合は自分で育てたもので、信頼の置ける軽米町で搾ってもらっています。えごま油100%で保存料は入っていません。天然の風味を生かした油となっております。
誰がえごまを生産して商品になっているのかというのが分かることは消費者にとって安心であることが良く分かりました。

おかげさまで、ぼくのえごま油は好調に出ています。本日もうちに置いても良いよという有難い方が^^



青森県南部町の藤田酒店さんです!

DSC_0759.jpg

青森県三戸郡南部町大字福田字町中12
TEL/FAX 0178-84-2007

私もえごま油ずっと使っていてファンなんですとのこと。うれしいですね^^
とてもうれしいです。これからもどうぞ宜しくお願いします!

これからも田子町のえごま油の普及に尽力します。
今日は写真少なめで見づらいかもしれません^^; 藤田酒店さんを強調するためです(笑)
どうも~ノシ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)