カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「タプコプ創遊村 」カテゴリ記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『タプコプ創遊村』はそろそろ起きあがるべきなんじゃないの?

……と表題のごとく思ってしまった田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
以前のタプコプ創遊村の記事に冬の風景の写真を追加しようと思って写真整理していたら、そんな風に思った。

田子町タプコプ創遊村_034
田子町タプコプ創遊村_035
ね? そう思いません?

とりあえず、雪景色からいこう田子町タプコプ創遊村_036
以前NHKのshamoriに投稿した写真。

田子町タプコプ創遊村_037
田子町タプコプ創遊村_023
田子町タプコプ創遊村_028
田子町タプコプ創遊村_029

ぬう、なかなか全体像は分かりにくいが、素晴らしい景観を持っている。これもひとえに、ここを現在維持管理している3名の方が冬もせっせと茅葺民家を維持するために、薪を焚いたり戸を開閉し風を入れたりして手をかけているからだ。この活動によって保たれてきた田子町の財産をこれからより良い町づくりのために活用する日が近づいているとぼくは思う。

茅葺民家の内部
田子町タプコプ創遊村_033
田子町タプコプ創遊村_031
人の手で造られたことがよく分かる柱。この様式にも意味があるらしい。

田子町タプコプ創遊村_024
田子町タプコプ創遊村_025
田子町タプコプ創遊村_026
田子町タプコプ創遊村_030
つがいのワラ人形。これはふたつの集落でしか行われなくなった『虫追い(むしぼい)祭り』使われる人形。最後は投げ落とされるか焼かれる。

田子町タプコプ創遊村_032
上記の内部は青森県重要文化財『旧橋本邸』。5棟あるうちで最も古い曲がり家造りの茅葺民家。

どんどん行こう。もうファイル容量一杯なってもいいや
田子町タプコプ創遊村_027
田子町タプコプ創遊村_015
昔の人が使用した道具類。多くが農具。どのような目的で使用されたのかさえ忘れられた道具もある。

田子町タプコプ創遊村_016
広い。民家の中は広いです。懇親会やサテライトオフィスに使えそうだ。

田子町タプコプ創遊村_017
田子町タプコプ創遊村_018
囲炉裏はどこの家にもあるよ。当然さ。

田子町タプコプ創遊村_005
田子町タプコプ創遊村_006
土間。ちょっとそれらしいものを配置すれば、映画ロケに使えそうな場所ばかり。

田子町タプコプ創遊村_007
ここもかなり広い。

田子町タプコプ創遊村_011
縁側。ここは夏にもう一度撮りたいね。色々なロケーションに使える。縁側は全ての茅葺民家にあったなあ。
田子町タプコプ創遊村_012
謎の民間療法室? 薬品と思しき物が並んでいる。


全体及び外観(秋)
田子町タプコプ創遊村_022
田子町タプコプ創遊村_021
田子町タプコプ創遊村_020
田子町タプコプ創遊村_014
田子町タプコプ創遊村_013
田子町タプコプ創遊村_010
田子町タプコプ創遊村_009
田子町タプコプ創遊村_008
田子町タプコプ創遊村_004
田子町タプコプ創遊村_003
家畜小屋。昔は馬とかいたそうな。

田子町タプコプ創遊村_001
水車(からうす)。これは使えるのかは知らない。メンテすればたぶん動くと思う。どこかの集落で使われていた水車だから。田子町は川の源流や湧き水が多い。この町から海に向かって川が流れています。あと、新田村に行けば現役の水車あります。

田子町タプコプ創遊村_002
なかなか良いと思うけどなー思うけどなーけどなー

ここがどんなことに使えそうかなあ、考えるだけでワクワクしない? 旅館法とか保健所とかそんなことは問題じゃあない。不可能と思うものはノミがコップのなかで跳ねるように考えていれば良いのだ。変えられない人間、それは否定しないよ。それはそれで正しくもある。これが正しいあれが正しいなんて言うつもりはない。ただ、同じように夢物語を語り合う人間が集って、無我夢中にやれば良いだけだ。それで良い。失敗したらと考えたら何もできないし、おそらく失敗するだろう。失敗するなんて微塵も思わない人間が集まればできる。そして、ここを維持している3名の方の協力があれば、この景観を可能な限り保ってここを最大限に活用できるんじゃないか?
まずはひとりでしこしこ計画を立案しようかなー(計画の立案が多すぎて手が付けられなくなるかもしれない(笑))

考えなくとももいっぱいあるねー
サテライトオフィス事業でしょ、フィルムコミッション事業でしょ、レストラン開業でしょ、古民家民泊でしょ、飲み会・会合でしょ、キャンプやっても良い。
現状の政策としては親指と人さし指でわっか作ってノーマネーかもしれないが、そのうち来るよ、来ますよ絶対にここは^^

とりあえず、無料で入れます創遊村。冬は道が危ないから無理せず、営業開始の時期に遊びにいらしゃって下さい。ひとりで行くのは不安だからおまえも来いというのであれば、一緒に参りますよ。
創遊村の営業についてはこの記事を見てくださいね!→タプコプ創遊村
※HP上には古い情報が多いのでぼくのブログを見てもらったほうが良いでしょう。

……というひとりごとでした。どうもーーーーノシ

facebook:筒崎靖史
↓気が向いたらね(∩´∀`@)⊃ ぽっちと
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ



ドメイン取るならお名前.com

あなたもLINEスタンプで稼ごう!

ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊

新潟産こしひかり


看護師転職サービスに不満を感じた事がある?

はい・・・(-_-;)の方は

ナースコンシェルジュ

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

タプコプ創遊村

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。今日はタプコプ創遊村について。冬ですと創遊村229スキーランドがメインのレジャースポットですが、少なからずお問い合わせが来るので情報を記載。また、「こんなに田舎を体現した建物をあるんだね」とよく言われたり。実は田子町の観光するのに非常に関心の高い場所だと思います。
facebookでは情報を載せておりましたが、後から見るのにはやはりブログのほうが分かりやすいですね^^;)

2016年12月15日更新
現在冬期休業に入りました。来年の営業予定日は現状未定

電話でお問い合わせの多い質問の回答を記事の下部に設けています。これは来年は変更になる可能性がありますが、現状として載せておきます。



2016年2月9日更新
現在冬期休業中です。来年の営業は2016年4月下旬頃予定

電話でお問い合わせの多い質問の回答を記事の下部に設けています。

IMG_3973.jpg
冬のタプコプ創遊村

冬期間のタプコプ創遊村はお休み。(昨年の場合は4月27日から10月下旬の最終の週末で終了)
タプコプ創遊村でできる体験は現在2つ。150年以上前の茅葺屋根の家で体験ができます。

せんべい焼き体験 500円IMG_0853.jpg
IMG_0865.jpg
南部せんべいですが、もっちりとした触感のせんべいが出来上がります。
体験人数は約6名ほど。 所要時間15分前後

こんにゃく作り体験 1500円
IMG_0905.jpg
こんにゃくをこねたりなど、子供さんが喜ぶかも
体験人数は多い方が良いでしょう。大体2kgくらい作れます。

ぼくのタプコプ創遊村へ行く楽しみは茅葺屋根の家に入ったり写真を撮ったり、村の中で雰囲気を味わうのが一番だと思います。茅葺屋根の家は全部で5棟あり、とくに青森県重宝の旧橋本家住宅は珍しい曲がり屋でおすすめです。
(入村料は現在無料です)
10月に地域おこし協力隊として田子町にきてから何度も足を運びました。冬の晴れた写真が現在はとてもお気に入りです。(冬の写真は最初だけでしたが、他にもあるので後日アップすることにします。今回は秋の写真)

IMG_0845.jpg
IMG_1809.jpg
IMG_0910.jpg
↑茅葺屋根の家の外観と内側。もちろん中に入れます。↓
IMG_0882.jpg
IMG_0913.jpg
IMG_0915.jpg

〈タプコプ創遊村DETA〉
※ご注意 以下は営業期の内容です。
料金:入村無料(ただし体験する場合は体験の料金かかります)
時間:AM10:00~PM17:00まで(せんべい焼きは16:00まで こんにゃく体験は15:00まで)
定休日:火曜日(体験は土日・祝日のみ。平日の体験は要相談)

大黒森タプコプがっこう
青森県三戸郡田子町大字田子字川代ノ上ミ66-39
TEL:0179-32-4344
FAX:0179-32-2231
※創遊村スキーランドとは別の団体が運営しています。


-------------------------------------------------------------------------------
つっちーが問い合わせを受けた割と多めなQ&A

Q:冬は入れるのか?
A:入ることはできます。村の中は除雪がされています。茅葺屋根を常に燻蒸する必要があり、管理者の方がいらっしゃいます。
ただし、冬期は休業中ですので団体客の受け入れや体験などはできません。電波も悪いですのでお勧めしません。

Q:HPを見るとそば打ち体験や食事などできると書いてあるけど?
A:現在は行っていないんです。

※上記回答を受けて
Q:じゃあ、そこでは食事ができないの?
A:創遊村を見下ろす旧レストラン施設にTakko Cafeがオープンしました。営業時間は10:00~16:00まで。定休日は水曜日・木曜日です。都合により、営業時間でも閉めている場合があります。

Q:団体客の対応は可能か
A:可能です。どちらかというとその方が推奨(事前に予約してください)。個人だとこんにゃく体験は厳しいかも。(ぼくはひとりでやりましたが、通常は団体のお客様向けだそうです)

Q:タプコプ創遊村は宿泊できるの?
A:やってません。

Q:団体で行くんだけど予約できる?
A:はい。その際平日に体験などをお考えの場合はご相談下さい。但し、その状況や希望によっては難しい場合がございます。(平日は10名程度の団体に対応しています。

Q:茅葺き民家の中でご飯食べたいんだけど?
A:その場合はご相談下さい。

Q:創遊村にいくら電話しても繋がらないんだけど?
A:その場合はぼくが分かる範囲で答えますので、田子町地域おこし協力隊筒崎(つつざき)にご相談下さい。
田子町役場商工振興グループ0179-20-7114
創遊村でできること、できないこと、相談すればできることに大別されますね。何かやりたいことなどあれば可能な限り動いてみますのでお気軽に^^
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。