カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「みろくの滝 」カテゴリ記事一覧

みろくの滝の様子(2017年4月13日現在)と宣伝

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
4月の始まりは5月のようなポカポカした陽気でしたが、今週になって一転非常に寒くなり、
昨夜と本日の午前中は雪が降っていました。(夜は地面が真っ白になるほどでした^^;)
なので今回の写真はやや薄暗いです(´・Д・)」

田子町の景勝地もそろそろお問合せが来る時期になりました。
山のほうなので通れるのかが、皆さん心配なようです。
みろくの滝、四角岳の登山道、蛇王の松の辺りはお問合せが増えてきますね。
中でもみろくの滝は多いので、現状をアップしておきます。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_002
夏坂ダム。冬期はここから先が雪で閉鎖です。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_003
ここはもう雪はありません。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_004
滝へ曲がる(右)場所。奥の道路に関しては除雪が済んでいます。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_005
通れますが、たまに大きめの石が道路にあります。
道路をふさぐ倒木などはありません


田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_006
滝の遊歩道。雪がかなりありますね~

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_007
圧雪なので長靴履いていれば問題なさそうですが、まだ深いですね

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_008
3つの橋も中央部にまだ雪があります。無理していかないほうが良いでしょう。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_009
誰かが行った足跡ありますね。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_010
水量はありますので、これもまた見ごたえありますが。雪が解けてからのほうが良いでしょう。

結論をいいますと、
暖かいようでも4月はまだまだ雪が残っている場所が多いです。
みろくの滝の場合は5月に管理棟に管理人さんがきますのでそれまで待ったほうが
良いです。
蛇王の松はもう通れますが、大型の車両は通行が厳しいでしょう。マイクロバスだとぎりぎり行けます。
四角岳は5月の連休ごろには通れる見通しですが、4月下旬の天気次第です。



後は、宣伝になりますが^^;
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_001
唐突に自分のエゴマ油~
弘前市の油屋福六さんにも置いてもらうことになりました^^
身体に良い健康なものをセレクトして置いている場所なので
大変嬉しいです。
国産のものはどんどん品切れになってきたので、是非ともエゴマ油で
皆さまの健康に寄与できればと思います。
福六さんに置いたら、また紹介しますヾ(o´∀`o)ノ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

田子町みろくの滝(2015年11月16日)やその他観光の情報をば

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
今日はみろくの滝情報と田子町を楽しむアドヴェンチャーマップの更新をしました。
田子町は紅葉終わりましたが、まだまだ多くの見所がありますよ^^ アドヴェンチャーマップの難易度が高い場所を訪れるのはむしろ雪が降る前のこの時期がオススメ。というのも、藪漕ぎが少なくて済みます(笑) それからたっこさ来てけろじゃフォトコンテストも是非よろしくお願い致します! 来年の2016年1月15日が締め切りです~。どうぞ文章のリンクか上記のお役立ち情報にもありますのでご覧ください く(*´∀`*)

2015年11月16日情報
みろくの滝にはトイレ&休憩用の管理棟がありますが、今月いっぱいで管理棟は閉まります。雪が降る時期になりますとみろくの滝へは行けないので、トイレなど休憩ができる管理棟を閉めてしまいます。まかり間違って12月でも通行できる場合はみろくの滝を見ることはできますが、トイレが利用できないということですね~

20151116.jpg
2015年11月16日。葉はほとんど落ちましたが、朝にもかかわらずお客様いらっしゃってました!

20141115.jpg
昨年の様子(2014年11月15日)

田子町アドヴェンチャーマップに追加した写真とその言い伝えをご紹介

洞円寺(田子町関)
洞円寺001

”関の寺の前の地蔵泣ぐべあー”
”寺の十文字目の地蔵泣ぐべあー”
田子町関部落のお寺の前の地蔵さまは「なにゃどやら」のゆったりとした節まわしだがこの地方一帯で歌われている。むかし、龍ヶ森に遊びに行った数人の若者たちが森のてっぺんで巨大な石をみつけ、「が、ひとさまにおがまれたがったら、運びやすい場所に出はってろ。でながったら下までころげ落ちでろ」と石に声かけると、若者たちは大汗を流し、やっとの思いで石を動かし、ふもとの方へころがしてやった。石は轟音を響かせながら落ちていった。石を動かした若者たちは家に帰り着くと激しい腹痛に見舞われ、どうしたものかとイタコに聞いてみたら、あの石のせいだと言う。龍ヶ森に行ってみると、なるほど一番運びやすい道路の上にしゃんと石が止まっていた。さも運んでくださいといわんばかりだったという。その大きな石をその場で地蔵さまに刻み、関・夏坂の人たち多勢で大事に運び出し、関のお寺の入口に安置したのだという。むかしのことはなんにも知らん顔をして、お地蔵さまは赤いずきんにかわいい前掛をあてて、だまってすわってござる。(語り:山美達之助さん デーリー東北新聞社所載)



来満峠(国道104号線田子町・鹿角市境)
来満峠

田子町と秋田県境にある来満峠の来満はアイヌ語で「ライオマン」から転化したものらしく、此れを和訳すると「魂の行き処」ということで最も神聖な土地に命名されたものです。人々は死亡すると自分達の魂はライオマンに来て其処に永住すると深く思われ、熊原川上流の来満峠界隈こそ、原始文化時代の極楽境と見做された地名でございましょう。それは大森林に蔽われて、捕獲採集の自然物は豊富でしたでしょう。―じゅずかけ第二号 田子町見聞考より※一部現代では適切でない用語の為、改変。



長坂の沼
長坂の沼001

その昔、長坂は人を沼地へ引き込む妖怪の伝説を持つ沼沢地だった。現在は沼はないとされているが……この澄明な水をたたえた池はその名残か?



沼の森の沼
IMG_2501.jpg


沼って天候で干上がったりしますので、水が引いた場所に足を踏み入れるとずぼっといきます。もしかすると沼の伝説ってそんなところから生まれたのかもしれないなどと思ってしまいますね~。

田子町遊びにきてくださーい!!
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

田子町みろくの滝、閉鎖は5月1日まで(予定)。

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
今日はみろくの滝情報。もう分かっていたことですが、橋の崩壊で現在修理中。

田子町地域おこし協力隊 つっちーのブログ20150424_001

5月1日まで閉鎖です。楽しみにしていた方大変申し訳ございません(人;´Д`)

それにしてもぼくは悲しいのです。悲しいのはふたつ。
ひとつは春になったというのにいち早く滝を見る事ができず、先日の雪解け水の流れの早いところを撮ることができなかった。ある人に言われました。
「今年のような状況というのは20年に一度あるかないか。通常では考えられない滝の姿が拝めたのに」と。そして、「わたしはもう見る機会はないだろう」とも。
自分が残念になりました。
何故滝の前まで行けなかったのだろうか、写真を撮れなかったのか。
結果だけ言えば水かさと早い流れに自分の足が前に進めなかったこと……。
そしてふたつめ、ぼくはそのとき自然に屈したのではなく、自分に屈していたのです。
その瞬間はそのときだけ、先には無いこと。実際、済んだことをそのように言っても仕方がありません。次の瞬間、どのように自らに打ち克ち前へ進めるか、生きることはその連続なのだと改めて感じました。

自然の中で、自然と共に生きていくというライフスタイルを自らの心が欲するならば、自己の精神と身体を高めていかなければなりません。
現代の都市の生活環境に依存してゆくライフスタイル。それはある意味楽でした。ぼくは楽でした。年収で人間の価値が図られるグローバル経済の車輪の下、ただ頭を下げていればその一日が終わった。多忙ゆえ効率的にこなすため必要とされ、休みがあれば自分の好きなことをやり、両親の世話をしながら暮らす。そこに危険など無い。
ある意味それで良いかと思っていました。
そして、東日本大震災。
津波で流された人々。実際戻った人も多い。大切な人を案じた人や興味本位で安全な場所から危険な場所に行ってしまった人。何故そういうことが起きたのだろうとも考えました。
きっとそのとき、すべてが守られているという誤解は瓦解したでしょう。自然とは恐るべきもの。つまり現在の社会環境に適応しすぎた人は自然というものから遠ざかってしまい、動物性を失いすぎたのではないかと判断したわけです。
アレルギー。身体が自然から離れすぎてしまった結果。身体の中に本来ならば棲んでいる微生物を取り除いた結果―人間の身体内環境のバランスが崩れ人間自らが作り出した科学的な毒を食べないといけなくなる。

自然には生命の存在を命じた何かが計算したとしか思えない環境あって、個体数を一定に保つための鉤虫、吸虫、線虫、リケッチア、スピロヘータ、細菌、ウィルスなど微生物が存在し、食物連鎖の頂点にあろうとも自然によってコントロールされている。寿命を抑制し、淘汰もあるし、絶滅することもあります。絶滅した動物は人間だけのせいではありません(近年絶滅した例を見ると人間がある閉鎖的環境に別の環境の動物を放ったのが原因というのがほとんどかもしれませんが)。
少子化だって自然の要求なのではと思います。長寿と子供が生きのびる可能性が増大したから、個体数のバランスのために出産は減ったのではないかと。こんな話もあります、統計をとったら戦争中は男児の出産が増大していたそうです。理由は戦争で男が死ぬから。ずいぶん昔に読んだ本なので出典はできずすみませんが。
自然が取り計らった環境設定を無視して、経済を優先してその場しのぎの対応に人が追われた結果、考えもつかなかった生物が幅をきかせたり、もしくは化学物質を超越した微生物が生まれたり、得体の知れない新たな生物が登場して極端な個体減少が起きたり、身体を構成するたんぱく質が有り得ない変化を遂げたり、進化の段階で取り除かれたはずの機能が発現して、全身が毛で覆われたり、尻尾が生えたりする。
人はもっと自然を知るべきなのではないかと思います。自然が進む方向をきちんと理解して文明を携えなければなりません。文明はもともと自然から与えられたものです。

何か文章をかきながらこんな考えにふけり、グローバル経済に疑問符がついていたところに震災があって、ぼくはここにいるわけです。
これは表現の自由という名のもとに勉強不足な自分の考えを述べただけで、自分がそうじゃないかなと思っていること。人はそれぞれ考え方が違いますからそんなのは正しくないという人はあなたの中ではそれが正しくて正解なのです。自分でこうじゃないかという考え方を述べることは即ち、違う考え方も肯定しているからです。
哲学、自然科学は知識が足りなくて至らずとも、考えることは楽しいものです。

さて上の話は置いておいて、滝に行けなかった罪滅ぼしではないですが今日はみろくの滝のお知らせを取り替えるついでに滝まで行きました。橋は壊れており、丸太んぼうの上を歩くのを潔しとしないぼくは、靴をどろんこにしながら山の斜面を川沿いに沿って進みました。川の水量は落ち着いていて無難にたどり着けました(とはいえ、無理に行こうとしないで下さい! 橋の工事もしておりますので危険です。バリケードがあるので2015年5月1日まで行けませんが)。
田子町地域おこし協力隊 つっちーのブログ20150424_004
田子町地域おこし協力隊 つっちーのブログ20150424_003
やっぱり素晴らしいなあ゜*。(*´Д`)。*°
しかし……山がはがれて貼りついたような中州が出来上がっていました(゜ロ゜)ギョェ

これも自然の要求なのかもしれませんが、あまりの変化ですので……それにしても、どれだけの水がこの滝の上から落ちていたのでしょう。それが見れなかったのを改めて悔やみました。
この顔と思しき辺りの真下に人がいると、ぽつんと豆みたいに見えますから、膨大な量の大木と土砂が流れていたわけですねえ……。

IMG_1632.jpg
本来だとこのような姿です(紅葉シーズン)
やっぱり、土砂がないほうが良いですね(現在撤去中)
また情報が新しくなったらお知らせいたします~

facebook:筒崎靖史
↓気が向いたらね(∩´∀`@)⊃ ぽっちと
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ



ドメイン取るならお名前.com

あなたもLINEスタンプで稼ごう!

看護師転職サービスに不満を感じた事がある?

はい・・・(-_-;)の方は

ナースコンシェルジュ




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

青森県田子町みろくの滝情報(2015年4月13日)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
いまかいまかと待ちわびている方の多いみろくの滝ですが……。
除雪完了しましたけれど完了しましたけれど完了しましたけれど……

(´;ω;`)ブワッ

なんと……
青森県田子町 みろくの滝の様子は?_002
橋が崩落していました><

青森県田子町 みろくの滝の様子は?_003
青森県田子町 みろくの滝の様子は?_004
うう……なんてことだ・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん

橋に乗った重い雪+雪解け水が橋を壊してしまったのでしょう。3つめの橋は欄干が歪んでいました(遠目で)。。。みろくの滝を待ちわびている方が多いのに……。

(´;ω;`)ブワッ

4つめの滝の手前にある橋までいけませんでした。雪は固まっているので上は歩くの問題ないですが、2つめが壊れている+雪解け水の流れ早杉で(ひとりで見に行ったものでなんかあるとねえ……ヘタレですええ)。にしても行けません。流されるほどの水かさではありませんが、流れが早いので川を渡ってくださいとは言えない……
ですので、橋が直るまでお待ち下さいませ。

あーみろくの滝に行く人見てるかなー。完了したらまたブログに書きますので、大変申し訳ありませんが、お待ち下さいませ。何卒宜しくお願い致します(*m_ _)m

けっこう木もね……
ごろんごろんと転がっているだけでなく、
青森県田子町 みろくの滝の様子は?_005
滝までの道のりにこんなんなっている木も。

青森県田子町 みろくの滝の様子は?_001
このバリケードの先は行かないように!

釣りとかはここに来る前までの道の途中でできるかと思います。その際は子連れの熊さんに注意してください。ひとりなら音が出るもの準備して……魚逃げるだろうからガードレール脇から長めの竿で釣るのが良いかも知れませんね。
あと釣り券忘れずに♪

あと話変わりますが、コミュニティバスのフロントの旗
青森県田子町 みろくの滝の様子は?_008

ぼくのデザインが……キャッ(*/ω\*)
割とそのまんまのデザインで行きました。たっこ王子をべごっこが運んでいます~。牛は描きましたw 背景は冬の澄んだ日に撮ったあおい空。

facebook:筒崎靖史
↓気が向いたらね(∩´∀`@)⊃ ぽっちと
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ



ドメイン取るならお名前.com

あなたもLINEスタンプで稼ごう!

看護師転職サービスに不満を感じた事がある?

はい・・・(-_-;)の方は

ナースコンシェルジュ



 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

みろくの滝はまだ除雪未完成(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

新年度になり、初のブログ記事。4月1日からおじの葬儀のため、田子町を離れておりました。

今日はそろそろあたたかくなってきましたので、みろくの滝どうかな~って見に行きましたが、

残念
IMG_9086.jpg
道は続いているように見えるのですが、もうちょい先で行き止まり。

行き止まりには一台車があり、みろくの滝を見に来たようでした。申し訳なく思います。それから1キロほどバックで戻りました。。。
大体4月の中旬くらいでしょうか。みろくの滝はもう少し待ってくださいね。

と、みろくの滝の記事ですが先に進めないので、冬前に一度行った三本松の山ノ神へ

ぼくのマップ(みろくの滝の場所や三本松の山ノ神なども載っています)

IMG_9088.jpg
国道104号線から左の山へ続く道に入ってのぼっていくと、「うわっでかい木!」と驚く木。

IMG_9094.jpg
まっすぐに姿勢良く立っています。三頭木は神様の舞い降りる木です。なので山ノ神。

IMG_9100.jpg
とても立派なアカマツですよ。

 南部町の地域おこし協力隊の方にきいたら、「巨木巡りというのをやってくれないかという声がある」とのこと。巨木は意外と最近注目されています。良いことです^^ 青森県は古い木がたくさんありますし! 青森巨木マップなんてあっても良いかも知れない。
 まあそれは置いておいて、雪も解けましたので、三本松の山ノ神はもう見ることができます。蛇王の松はもうちょっとかなあ。巨大シナノキはまだ先でしょうね。

 あと今日(4月4日)は半年振りの皆既月食の日。写真を撮りましたが、撮りましたが撮りましたが……
IMG_9117.jpg
これは19時40分ごろ

IMG_9123.jpg
20時15分ごろ

 だんだん暗くなっていく。だがぼくは「でも月だしぃ♪」「赤くなるんだしぃ♪」と油断しておりました。最後ブラッドムーンになったときに「あれ、暗いなあ……感度ちょっびっとだけ上げて(トリミングするのでノイズ嫌。感度は400以下にしたい)、シャッタースピード1秒以下にしないとよく見えない……」となり、設定を変えた、が……望遠なのでシャッターボタン押すだけで手振れ発生するのを忘れていた。星を撮るときはもっとシャッタースピード落としますが、パンケーキなうえに広角なのであまり影響が出ない。望遠だと、トラックが通り過ぎるだけでも揺れるのに……

失敗した写真はこれだ……ワンツースリーIMG_9136.jpg
21時。ブレてたあああ……なんて残念……。

 それでもせっかく撮ったので載せました。紅い月も美しいので。7月ごろはブルームーンというのがありますが、あれは満月が2回ある月で2回目の満月ということですが、普通の月なのでブルーではないはずだが、撮るか。それより流れ星が撮りたいなあ。

 だんだんと田子町の自然の観光名所も見れるようになると思います。ちょこちょこと様子をお伝えしようと思いますので、こちらへ遊びに来る方は是非チェックしてみてくださいね^^

facebook:筒崎靖史
↓気が向いたらね(∩´∀`@)⊃ ぽっちと
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ



ドメイン取るならお名前.com

あなたもLINEスタンプで稼ごう!

看護師転職サービスに不満を感じた事がある?

はい・・・(-_-;)の方は

ナースコンシェルジュ



 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)