カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「未分類 」カテゴリ記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

協力隊の期間もわずか

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

協力隊の任期も残り後わずか。
任期後の準備を進めていますが、いろいろとやることがあり、なかなか進みがよくないですが、
すこしづつ前に進めております。協力隊の活動もあり、それとは別個に進めないといけないので
仕方がありません。

ブログも更新がなかなかできていないですが、協力隊も終わるので別のページにしようと思いそちら
も作っていますが遅れている。いいわけいいわけですね^^;

なんとかにんにく掘りとじゅね植えも終わりました。最近はトマトの栽培も手伝いながら学んでいます。
それにしても、土上げと次に植えるにんにくの畑の準備をしなければ。。。

今日、頂いた生にんにく撮影しました。
沢山写真撮りましたけど1枚だけ写真を。
素晴らしいこれぞ田子のにんにくです。映像や動画に活用させて頂きます。
IMG_24412.jpg

では眠くなってきましたんで寝ます。おやすみなさい。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2016年度も地域おこし協力隊支援拡充されますね!

田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
いやいや、今年は雪が降らなくて過ごしやすい(○^ω^○)
……と、単純に喜びたいのですが、そうも言っていられないのですよね~

田子町入り口20160108
田子町入り口に建つにんにくオブジェ(2016/01/08撮影)

田子町の229スキーランドは昨年の今はオープンしておりましたが、今年は未定。。。です(´A`。)
まあ、ぼくは昨年転がりながらゲレンデを下って、子供たちの嘲笑の的となっていたわけなので、特に特に滑ったりするのを心待ちにしているわけではありませんが、多くの方は今か今かとスキー場のオープンを待ち焦がれていることでしょう!
スキー場や除雪に従事する方も、かへげなくて大変ですね><

昨年スノーフェスタ写真(田子町
田子町229スキーランド(昨年に撮影)

と、まあ町の様子はこのくらいにして、全国に増えている地域おこし協力隊。2016年度も支援拡充だそうです。
ソースは日本農業新聞e農ネット(2016/01/04の記事) 申し訳ございませんググって見てください
協力隊の我が身としても、非常にありがたい話。

2015年に打ち出された支援は協力隊終了後の定住強化のための起業支援としての100万円と協力隊のお給料の予算が200万上限から250万上限に引き上げられました。

今年2016年は……というと、新たに「地域おこし協力隊サポートデスク(仮称)」を設置するそうです。これは着任地域活動のサポートのために協力隊及び、自治体の相談窓口を一元的にサポートするようです。

あれは? と思うのですが、『地域サポート人アドバイザー』の方々。地域おこし協力隊経験者も非常に多いと思うので、サポートデスクをこういった方たちの活躍の場にしても良いと思うのですがね。今までは初任者研修が主だったのが、2年目、3年目研修もやっていくとのことなので、是非とも地域サポート人アドバイザーを沢山活用して、地域(または自治体)に溶け込む手腕、協力隊自身が望む活動をできるように持っていく協力隊自身の賢い動き方に加え、同時に全国的な地域おこし協力隊のネットワークを強固なものにしてほしいと望む次第です。

また、協力隊の研修は割りと高額なので起業未経験者の方に大事なところを学べるような価値のある研修を望むところです。
それから起業時のもっと手厚いサポートに加え起業後もサポートがあっても良いと思います。起業未経験者も多いのではと思います。また、農林業従事者もほとんどが新規であり、ほぼUターンでなくIターンです。農地や山を持っておりません。その辺りをサポートしてもらわないと、本当に納得できる定住ができないのではないでしょうか。
単にその場所に就労してはその土地の雇用を潰すだけですから。

協力隊は基本3年の任期終了後は自分でなんとかしないといけないので楽なことではありません。非常に不安定な3年間になることでしょう。
もちろんそれを承知で移住しているのですが、手厚くすればもっと定住が増えそうですよ。現状数字上では定住6割のようですが、その後は不明な点が多いわけです。数字上で7割~8割行くかもしれません。

最近は学生さん、もしくは新卒というカードを捨てて大学卒業後協力隊になる気合のある方もいますが、そういう人を地域にずっと引き込めれば大きなプラスですね! この町をなんとかしなければという思いがなければ、協力隊はやっていられないと思います。交流も間違いなくぐっと増えますから副収入がないと厳しい場面も多いですね。

特定の人しか住めない環境では地域は衰退しかできません。誰でも住めるようなそんな状態にしていかなければ。そのためには移住して定住する人をもっとサポートしていく必要がありますね。

と、まあ個人的な考え及び願望です。最後は自分次第であるのはどんな状況でも変わりありません。町の人や役場の皆さまにはとても良くしてもらっていますので、さらに町を元気にできるよう協力隊のサポートがもっと手厚くなれば良いなァ。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

盆の日に独り言

お盆ですが帰りません。
これについて、先祖を大事にしていないと思われる人がいると思いますが、誰かがそう言っていた場合は伝えてほしい。ぼくも不本意だが状況があるので^^;と。
誰も大事にしていないわけではないのです。イベントや休暇の関係です。今月は休みを取って動かないとならないことが多いのです。また時間も限られているので自分も大変残念ですが、帰れないのです。頻繁に休んでいるわけにもいきません。
本当は帰りたいのですが……。小さな町ですとどのように言われても仕方ないのですが、何度も行ったり来たりするようなことも金銭的な面も含め難しいのです。地域おこし協力隊は生活だけでもいっぱいいっぱいな状況ですから。
それゆえ、
「帰らないとまずいのでは?」と言われると本当に心苦しいです。辛いです。
現状は少し時間を置いて休暇を取る予定にしています。そして正月は誰がなんと言おうと実家へ一時帰宅します。親の顔を見たいですので。

勘違いしないでもらいたいのですが、お盆に帰らないことに対する「おかしい」とという認識はぼくはとても素晴らしく正常に感じます。
大企業の会社だと、親の葬式くらいしか休めません。都会は人がたくさんいますが、ひとつひとつの仕事は必要最低限の人数でまわしていますから、「○○さんがいない」となると仕事が進まなくなることが往々にしてあります。
ですから、「お盆は休むのが当たり前だ!」と声を大にして言う人に対してぼくは悪い気持ちはなくむしろ良いものだと思っています。

人は様々状況があるものです。ぼくだってお盆に先祖の供養がしたい。しかしこの先3年後という勝負があるので出来ないでいる。サラリーマンのときもそうでした。そういう状況が嫌だった。しかし今も同じ……ではない。

これはぼくの意見です。自分の小さな心の領域で意気込んでいる言葉。子供の泣き言のごとくなんの参考にもなりません。

生きることに勝負をかけている時期

正直不要なのかもしれない。自分だけ好きなことをして生きていれば良いというのであれば。毎日電車で通勤していれば楽で時間が拘束されるだけで過分にお金は入った。実際都市で生活する方がお金はかからないし金銭面で困ったことはあまりなかった。しかし、その状況はとても良い面もあるが、それでいいのか? 地方という存在は段々と衰退している。地方で都市と違ったライフスタイルが出来る、しっかり子供を教育して十二分な生活ができることが実証できなければ地方に戻る人は生まれてこない。

世の中を本当に変化させるためには一部の人は自ら犠牲とも思えるような行動にでなければならない。そこで世に言う『成功』することもあれば残念なことになることもあるでしょう。

変えるために決断した。自分も地方も。だから
今はお盆であっても残念ながら帰れない。しかしそれは今だけ

都市での生活、地方での生活は共にメリットとデメリットがある。賢く生きる方法が必要なのはいずれも同じ。そして自分の状況を把握し、来る将来に備えないといけない。
生きるというのは楽しいだけでなく辛いという構成要素もあるのです。子供から大人になるという本当の意味は人生の負の構成要素を知っていくことなのだと思いますね。
日々小さなプラスを積み重ねないとならないのがとても刺激に満ちていて生きている実感を得ます。人との繋がりを大事にする生活環境が素晴らしく感じます。美しい空気や水を吸い、草むした山々を歩き自然の中にいることが人間は動物であるということを思い出させます。ぼくはこのように田子町に来て様々な価値観を得ることが出来ています。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Oh! Gサゥンズ(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
先日、なんと田子町から素晴らしい演奏グループがデビュー(?)
その名も、『Gサゥンズ』 。じーさんズではありません(×)
IMG_2957.jpg
Gサゥンズやりました!

IMG_2950.jpg
メンバーは毎週水曜日にお食事喫茶パピヨンで弾きならした強者たち。

サンモールたっこ商店街では久々のイベントということで、お知らせ自体が遅かったためか人でごった返す形にはなりませんでしたが、商店街にきた人々が徐々に集まり最後はアンコールの嵐でした。

IMG_2934.jpg
歌謡曲やフラメンコなど多彩な楽曲で聴衆を魅了!

IMG_2923.jpg
後ろから

IMG_2936.jpg

IMG_2937.jpg
司会を務めたニッシーさん。

IMG_2879.jpg
石亀さん。

IMG_2974.jpg
ロックスター風に記念撮影しました(笑)

このような町の方々の活動が活発になるのはとても嬉しいことですね! また町の文化協会も段々と高齢化が進み文化活動も減少しています。若い人が少ないと言うことや、育児などで大変かと思います。しかし、そういう中でほんのちょっとだけ参加をするだけで違うと思いますので是非そのような方向に向かえば良いなあと思う次第。一段落ついたら趣味の集まりを楽しむためにも良いのではないでしょうか? ぼくは川柳と写友会だけで文化協会活動は精一杯な部分があります。そろそろ分身の術でも身につけないといけないかもですねえ~。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

田子町写友会 北海道撮影旅行(後編…青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
今回も写真メインw 時系列的写真をあまり撮っていないのでお気に入りのショットなどを。
故障していたPCのマザーボードを交換しました。なんかCPUスロットピンが折れていて(?)よく起動していたなあと思いながら交換し、調子良いなァ~と思いきや、一度だけ同じ症状が現れた (((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル
もしかしてだけどモニターかな…7年選手だしなー

前編:http://tsutsu229.blog.fc2.com/blog-entry-112.html

と、関係ない記事が続いておりますが、金・土・日と3日間、様々行事&イベントがあるのをことごとく断って行った写友会の旅行ですからブログに写真を残して行きたいと思った次第です。

★昭和新山など

IMG_2258.jpg
IMG_2255.jpg
IMG_2242.jpg
IMG_2232.jpg
IMG_2227.jpg

1枚目は昭和新山ですねー。お土産屋さんでここにしか売っていないと買ったお菓子はどこにでも売っていたという……良い思い出ですが、このようにブログに書いておきますw 嘘はいけませんね。
2ひまわり。昭和新山付近
3枚目の洞爺湖の奥にうっすらと見えるのが羊蹄山(本当にうっすら^^;)
4,5枚目は支笏湖付近

★函館
IMG_2061.jpg
IMG_2298.jpg
IMG_2325.jpg
IMG_2342.jpg
IMG_2343.jpg
IMG_2350.jpg
IMG_2365.jpg
IMG_2366.jpg
IMG_2372.jpg
IMG_2376.jpg
IMG_2380.jpg
IMG_2397.jpg
IMG_2401.jpg
IMG_2416.jpg

 うーん、函館はチートですね~ 函館・青森DCは青森に下車してくれるのか心配になりました^^;
 夜景(手持ちで撮影なのが残念><)は綺麗だし、港は恋人が似合うし、古い建物はいっぱいあるわで……
 しかし、このように外を見るのは良いです。内側にいると外と比較できなくなります。ただでさえ休みに遠出が厳しい現状ですからね。イベント企画する必要なんてないですいっぱいありますから。まず先に呼んで呼んでいただけます「ここ○○やるよ」「この日来て、あと人集めてくれない?」とこんなふうに土日は2・3の行事やイベントが重なってきます。
 だから最近はイベントを企もうとかやめる方向で良いかなと思っています。結局他のイベントとバッティングしますから。よその協力隊も見渡せばほぼ同じ感じなので、呼ぶのもなかなか厳しい場合も。またむやみに何でもパワー使って呼ぶのはあまりしたくないです。別の方向性で集める動き(お知らせとか)をするのが良いですね。またそこで、頼りがいが無いと思われるのも悲しいかもしれませんが仕方がありません。
 そして最近は先にはっきり決めて土日の活動を行うことにしています。
1.イベントや行事に自分のアイディアをプラスする。または乗っかって何かやる。
2.複数参加しなければならない場合は(申し訳ないけども)午前・午後・夜と区切って参加。
3.疲れたときは断って休む。

以上、北海道旅行終わり。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。