みろくの滝の様子(2017年4月13日現在)と宣伝

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
4月の始まりは5月のようなポカポカした陽気でしたが、今週になって一転非常に寒くなり、
昨夜と本日の午前中は雪が降っていました。(夜は地面が真っ白になるほどでした^^;)
なので今回の写真はやや薄暗いです(´・Д・)」

田子町の景勝地もそろそろお問合せが来る時期になりました。
山のほうなので通れるのかが、皆さん心配なようです。
みろくの滝、四角岳の登山道、蛇王の松の辺りはお問合せが増えてきますね。
中でもみろくの滝は多いので、現状をアップしておきます。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_002
夏坂ダム。冬期はここから先が雪で閉鎖です。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_003
ここはもう雪はありません。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_004
滝へ曲がる(右)場所。奥の道路に関しては除雪が済んでいます。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_005
通れますが、たまに大きめの石が道路にあります。
道路をふさぐ倒木などはありません


田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_006
滝の遊歩道。雪がかなりありますね~

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_007
圧雪なので長靴履いていれば問題なさそうですが、まだ深いですね

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_008
3つの橋も中央部にまだ雪があります。無理していかないほうが良いでしょう。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_009
誰かが行った足跡ありますね。

田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_010
水量はありますので、これもまた見ごたえありますが。雪が解けてからのほうが良いでしょう。

結論をいいますと、
暖かいようでも4月はまだまだ雪が残っている場所が多いです。
みろくの滝の場合は5月に管理棟に管理人さんがきますのでそれまで待ったほうが
良いです。
蛇王の松はもう通れますが、大型の車両は通行が厳しいでしょう。マイクロバスだとぎりぎり行けます。
四角岳は5月の連休ごろには通れる見通しですが、4月下旬の天気次第です。



後は、宣伝になりますが^^;
田子町地域おこし協力隊つっちーブログ20170413_001
唐突に自分のエゴマ油~
弘前市の油屋福六さんにも置いてもらうことになりました^^
身体に良い健康なものをセレクトして置いている場所なので
大変嬉しいです。
国産のものはどんどん品切れになってきたので、是非ともエゴマ油で
皆さまの健康に寄与できればと思います。
福六さんに置いたら、また紹介しますヾ(o´∀`o)ノ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

自然を愉しむ季節になりました。(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

田子町といえばここ↓
地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_001
地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_005
みろくの滝

車から降りて5~10分ほどで滝まで来れるので観光しやすくまた、遊歩道も管理されています。気軽に自然を楽しめる場所です。
毎年沢山の方が滝に訪れます。
場所は以下をご覧下さい↓
田子町アドヴェンチャーマップ

アドベンチャーマップのみろくの滝の写真が増えていました。アップして頂いた方がいらっしゃってとても嬉しいです!
この場を借りてお礼申し上げます。

地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_002
地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_003
地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_004
滝の周辺。ゆっくり散策もできます。お手洗いは管理棟にありますよ(^∇^)

本当に新緑が美しく、出かけやすい季節になりました!
5月ごろは蜂も少ないので、山にも出歩きやすいです。
暑い時期は涼しくて気持ち良いです^^
ただ、渓流などのきれいな水の周辺にはヤブカやブユなどがいる場合あるので、虫除けスプレーがあると良いですよ。

おすすめの虫除けはディート成分が12%あるもの。ムシペールαはディート成分12%のものなので例として挙げました。
お肌の弱い方はディート成分の無いものが良いかも知れませんが、長い効果の持続と日本で認められている許容量一杯の12%のものを使用するようにしています。ぼくは肌はそれほど強くないほうですが、全身につけても特に異常は見られません。
刺されるとそれだけで大変ですし、藪などはマダニなどもいますので、できるだけ刺されたくないですね。農作業のときにも使用しています。
サンダルではなく靴、帽子は着用したほうが良いですね(基本でスミマセン)

地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_009
地域おこし協力隊つっちーブログ20160519_008
青比良水系水源かん養林付近の渓流

山の渓流にも行きやすく、緑を楽しむのにうってつけですね!
安全とマナーを守りながら山歩きや清流をお楽しみ下さい^^

それと、6月4日~19日まで、つつじまつりが開催されます!
大黒森つつじまつり
田子町観光協会HPに詳しい情報がありますので、そちらを是非ご覧下さい!!

下のほうにフォトコンテスト開催とあります。コンテスト今年も開催しますので宜しくお願いします~!!
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

今年のさくらまつりはイベント目白押し!(青森県田子町)

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。

今日は観光協会にっしーさんと桜の様子を確認して参りました! 撮影係でございます~
広角用に使っているミラーレスを落としてしまったが(ノ_<) 不幸中の幸いでボディーに傷がついたくらいですみました。まあかなりのショット数ですので往生するまで使いますから問題ありません。
EOSM用の広角ズーム(EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM)はとても映りが良いのです。フルサイズを使っていてもM2をこのレンズ専用で広角用にしています。
特に気に入っているのが2つ。広角だが手振れ補正付、絞ってF値を上げても逆光でゴーストやフレアが出にくいところ。(フード及びフィルター付けた状態で)ぼくの気のせいでしょうか^^; 
EF24-105mm F4L IS USMは映りがとても良いですが、逆光下ではフード付けていてもゴーストが出やすいですね。あまり絞って太陽に噛み付くと盛大にゴーストをお見舞いされます。まあ、レンズフィルターのせいかもしれませんが。ケンコーのハイエンドフィルターでもフィルター内の反射は低減されていても発生するわけでして……

と、余計な話しちゃいましたが、、、|ω・`)
4月の観光情報をまとめますと以下の3点
・さくらまつり開催します!
・創遊村が4月29日にオープン予定!
・みろくの滝はもう一寸待って!



4月30日~5月5日まで田子町の大福山公園にてさくらまつり開催します!
2016さくらまつりポスター


イベントは昨年よりも多くなっております。
4月30日 チェンソーアート体験会
5月1日 観桜会
5月4日 闘鶏大会
5月5日 サンモールちびっこフェスタ
(このイベントはサンモールたっこ商店街で行われます)

お問合せ・参加申し込み
田子町観光協会事務局 0179-20-7114

詳しい情報は観光協会のHPをどうぞ(○・_ゝ・○)↓
田子町観光協会:田子町のさくらも綺麗だよ!

桜は現在このような感じ。
IMG_3178.jpg
IMG_3181.jpg
IMG_3204.jpg

まだまだですね~
今年は桜を撮るのが楽しみですね!

創遊村が4月29日にオープン予定!
IMG_2548.jpg

ですです。よろしければ以下↓ご覧下さい。よく頂くお電話のご質問内容を記載しております。
タプコプ創遊村情報

みろくの滝はもう一寸待って!
IMG_3260.jpg

雪解け後で増水していました。三脚が欲しかった……
今のところ管理棟が開いていないので、管理人さんがおりません!
行けるようになったら、お知らせしますね(*´ω`)┛

そろそろ畑を耕さないといけません~明日は晴れるといいなァ!!
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

春になったので田子町の観光情報でも

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
今日は雪解けの春に向かう田子町の各種情報について。

・みろくの滝情報
・タプコプ創遊村情報
・田子ガーリックステーキごはん情報
・田子町フォトコンテスト情報
・エゴマ油について
・さくらまつり情報
・四角岳の状況



みろくの滝情報
みろくの滝1

情報:今年は雪解けが早く、みろくの滝までの道路の雪は解けていますが、倒木や、雪が残っている場所(橋の上など)があります。また、遊歩道は積雪があり通常の靴などでは難しいでしょう。今年は暖かいとはいえ、寒い日もありますので、もう少し待って頂いたほうが良いかもしれません。

タプコプ創遊村情報
タプコプ創遊村

情報:オープンは4月29日頃予定です。現状は雪もなく村内を散策可能ですが、樹木の生育のため、管理伐採を行っているのと、冬場の燻蒸で茅葺民家内はすすなどがあり、掃除を行ったオープン後に来られるのが宜しいと思います。また体験などができないのと団体のお客様の対応はオープンをお待ち頂く形となります。
オープン前のお問合せ先
田子町地域おこし協力隊 筒崎靖史
0179-20-7114
↓こちらにお問合せの多い案件のQ&Aもつけております。
http://tsutsu229.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

田子ガーリックステーキごはん情報
田子ガーリックステーキごはん

情報:1年をかけて田子町の熱き料理人たちが開発した田子ガーリックステーキごはん。平成28年3月29日から提供開始です。
販売店舗は『勇鮨』、『御食事処なくい』、『田子町ガーリックセンターギルロイカフェ』の3店舗。価格は1350円(全店共通)


田子町フォトコンテスト情報
フォトコン情報
(最優秀賞作品『晩秋の郷』 田中善剛様)

現在フォトコンテストは第1回目の事後処理の対応中です。(入賞者の皆様、お手数をお掛けする形になりまして申し訳ない思いです(つω-`。))
今年もフォトコンテストを開催します。前回の反省点、良い点を踏まえて素敵なコンテストとなるようにしたいですね。
フォトコンテストについてのお問い合わせ先
田子町フォトコンテスト事務局 筒崎靖史
TEL:0179-20-7114

エゴマ油について
ジュネオイル

今年筒崎が搾油した田子ジュネオイル(えごま油)はおかげさまで完売となりましたが、東京のアンテナショップにはまだ数本の在庫がございます。
商品についてのお問合せ先は瓶の裏に電話番号が記載されています。何かございましたらご連絡下さい。
また、ジュネ・ファームが取り扱っているえごま油に関しても在庫希少ですが、田子町ガーリックセンターなどで買えます。

さくらまつり情報
さくらまつり

さくらまつりは4月の下旬、ゴールデンウィーク頃を予定しています。桜の開花に合わせて開催予定です。さくらまつりについては田子町観光協会の情報(下のバナー)をクリック下さい。その他情報満載です!
田子町観光協会

四角岳の状況
砂利で補修20150529状況

これは昨年の状況ですが、昨年は登山道への道路が崩れて補修されました。お問合せがあり現地付近で聞き込みをして状況を確認致しました。現状は雪があり登山道へ行くことはもちろんできませんが、崩れているなどの状況は発生していないようです。雪が解ければ行けるようになります(国有林なので森林管理署が管轄ですが除雪は消極的。解けるのを待って欲しいようでした)ただ、連休中に解けるかどうかははっきりとは言えません。昨年は6月に登山道方面に行った時は問題ありませんでした。

観光協会のにっしーさんブログ埋め込み用(ほぼ撮って出し)

田子町観光協会にっしーさんをよろしく(○´・Д・`)ノ

↓写真の素材・ストックフォトライフなら登録しやすく使い易いピクスタがオススメ!
写真素材のピクスタ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

田子町みろくの滝(2015年11月16日)やその他観光の情報をば

青森県田子町地域おこし協力隊のつっちーです。
今日はみろくの滝情報と田子町を楽しむアドヴェンチャーマップの更新をしました。
田子町は紅葉終わりましたが、まだまだ多くの見所がありますよ^^ アドヴェンチャーマップの難易度が高い場所を訪れるのはむしろ雪が降る前のこの時期がオススメ。というのも、藪漕ぎが少なくて済みます(笑) それからたっこさ来てけろじゃフォトコンテストも是非よろしくお願い致します! 来年の2016年1月15日が締め切りです~。どうぞ文章のリンクか上記のお役立ち情報にもありますのでご覧ください く(*´∀`*)

2015年11月16日情報
みろくの滝にはトイレ&休憩用の管理棟がありますが、今月いっぱいで管理棟は閉まります。雪が降る時期になりますとみろくの滝へは行けないので、トイレなど休憩ができる管理棟を閉めてしまいます。まかり間違って12月でも通行できる場合はみろくの滝を見ることはできますが、トイレが利用できないということですね~

20151116.jpg
2015年11月16日。葉はほとんど落ちましたが、朝にもかかわらずお客様いらっしゃってました!

20141115.jpg
昨年の様子(2014年11月15日)

田子町アドヴェンチャーマップに追加した写真とその言い伝えをご紹介

洞円寺(田子町関)
洞円寺001

”関の寺の前の地蔵泣ぐべあー”
”寺の十文字目の地蔵泣ぐべあー”
田子町関部落のお寺の前の地蔵さまは「なにゃどやら」のゆったりとした節まわしだがこの地方一帯で歌われている。むかし、龍ヶ森に遊びに行った数人の若者たちが森のてっぺんで巨大な石をみつけ、「が、ひとさまにおがまれたがったら、運びやすい場所に出はってろ。でながったら下までころげ落ちでろ」と石に声かけると、若者たちは大汗を流し、やっとの思いで石を動かし、ふもとの方へころがしてやった。石は轟音を響かせながら落ちていった。石を動かした若者たちは家に帰り着くと激しい腹痛に見舞われ、どうしたものかとイタコに聞いてみたら、あの石のせいだと言う。龍ヶ森に行ってみると、なるほど一番運びやすい道路の上にしゃんと石が止まっていた。さも運んでくださいといわんばかりだったという。その大きな石をその場で地蔵さまに刻み、関・夏坂の人たち多勢で大事に運び出し、関のお寺の入口に安置したのだという。むかしのことはなんにも知らん顔をして、お地蔵さまは赤いずきんにかわいい前掛をあてて、だまってすわってござる。(語り:山美達之助さん デーリー東北新聞社所載)



来満峠(国道104号線田子町・鹿角市境)
来満峠

田子町と秋田県境にある来満峠の来満はアイヌ語で「ライオマン」から転化したものらしく、此れを和訳すると「魂の行き処」ということで最も神聖な土地に命名されたものです。人々は死亡すると自分達の魂はライオマンに来て其処に永住すると深く思われ、熊原川上流の来満峠界隈こそ、原始文化時代の極楽境と見做された地名でございましょう。それは大森林に蔽われて、捕獲採集の自然物は豊富でしたでしょう。―じゅずかけ第二号 田子町見聞考より※一部現代では適切でない用語の為、改変。



長坂の沼
長坂の沼001

その昔、長坂は人を沼地へ引き込む妖怪の伝説を持つ沼沢地だった。現在は沼はないとされているが……この澄明な水をたたえた池はその名残か?



沼の森の沼
IMG_2501.jpg


沼って天候で干上がったりしますので、水が引いた場所に足を踏み入れるとずぼっといきます。もしかすると沼の伝説ってそんなところから生まれたのかもしれないなどと思ってしまいますね~。

田子町遊びにきてくださーい!!
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)